フォトアルバム

ブログペット

  • かわいがってね~!

チャンス道場

アクセス

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

カテゴリ「蕎麦打ち」の記事 Feed

2008年10月13日 (月)

素人蕎麦うち名人会ー初段試験開催!

081013_111901 本日13日は、全麺協会(全国文化地域間交流推進協議会)による素人名人の初段及び、二段の一部の方の試験開催の日です。

僕はこのブログでも好評しているように初段の試験を受けるため、ここ三田市は永澤(ようたく)寺、蕎麦うち道場へいきました。

蕎麦うち試験が無ければ、初夏には水芭蕉や花菖蒲などの美しいお花を見ながら、美味しい雲水蕎麦を食べられるのどかな見所豊かな場所です。

081013_112002

試験会場に入ります。本日の時間は14時15分からです。

朝開始や昼一番試験されている方も見れるいい時間帯だと思います。

081013_112101

試験会場に入る前に試験の受付を済ませます。

081013_112502

スイマセン!試験まで時間がありましたので、周りを散策しました。

普段は水無月亭にて、三田市の地粉を使った、美味しい雲水そばが食べれる場所です。

先に試験を見たあとお昼に寝屋川蕎麦うち塾で来られていたTGU先生ご夫妻、TJ先生ご夫妻やKAさん、KAMAさんやFさん、ITUさんと一緒にお昼ご飯へ行きした。寝屋川蕎麦うち塾の方が来ていただいていますので非常にいいアドバイスが聞け、緊張もほぐれたかと思います。

081013_130001

お昼ごはんを食べ、会場へ戻れば13:00からの部が始まってました。

寝屋川蕎麦うち塾のTAKOUさんが奮闘されています。応援席では昨日合格されたOBAさんがじっと見守ります。

観客も昼から多くなり、ざっと見回す限り150人ぐらいいます。次は僕の番です。出番が近くなると、やはり緊張しますね....。その間にもTAKOUさんは追いついて競技を終えました。

緊張していますので皆さん上手に見えます.....coldsweats01

081013_134401_2

出来上がった蕎麦はこの様に皆さんへ見てもらいます。

つぎはいよいよ僕の番です。

自分では準備万端にしたつもりですが、粉をはくほうきはITUさんに貸してもらうは、ゼッケンもKAさんにしてもらう、準備もほとんど寝屋川蕎麦うち塾の皆さんにやって貰うなどまるでセコンドに何もかも手伝ってもらうボクサーのごとき、皆様の行為に甘えてしまい試験開始となりました。制限時間は40分です。

 試験の採点は、減点方式の70点以上合格なので、最初減点になっても早く水廻し、延しをして余裕をもとうという作戦ででした。観客も多く最初は、緊張しましたがいざ、始まると余り皆さんの声、周りの競技者の動きも気にならず自分にまい進できました。

30分過ぎで切りもほとんど終わり後は、片付けのみという時に事件は起こりました.........。

なっなんと、包丁の汚れをスクレイパでぬぐっている時、包丁の切っ先が指に触れ出血しました。あと反対の手もスクレイパの刃先に触れたのかどうか、出血しているではないですか?刃先を地面につけずに掃除したのでこういう羽目になりました。基本は大事ですよ!

これは、焦りました。頭が真っ白、すぐさま係員にタオルといいましたが血では汚せません!とりあえず、係員に出血を伝えると......、ありがたいことにKAさんが、すぐにバンドエードを持ってきてくれなんとか、血も治まってきました。

動揺してあわてた時間は5分も無いですけど、ここでのタイムロスは命取りになります。なんとか焦りながら掃除は不十分でしたが何とか39分45秒で終了しました。ハプニングながらの40分間、何とか終わり、席に戻ればほとんどの観客から「危なかったね~。」と言われました。

ヘロヘロな僕は、片付けもKAさん、KAMAさんやITUさん、TAKOUさん、OBAさにほとんど手伝ってもらう羽目となってしまいました。

081013_172301

試験の合否の発表は午後6時前でした。

結果は、合格でした..........dog

合格点70点以上に対して73.6点.......。

ぎりぎりの合格点です。

081013_223301

なんとか初段合格!

おめでとうっていいたいのですが、今回は自分で合格したものではありません。

TGU先生ご夫妻、TJ先生ご夫妻始め、KAさん、KAMAさんやITUさん、Fさん、TAKOUさん、OBAさん皆様、寝屋川蕎麦うち塾の仲間、皆様のおかげです。本来は一人ひとりに御礼を申さないといけないのですが、取り急ぎこの場をお借りしまして御礼申し上げます。

あとITUさんには、特にお世話になったかと思います。ありがとうございました。ITUさんのアドバイス、道具がなければ合格はしていなかったでしょう。あと、僕の他に合格された方もおめでとうございます。今後とも一緒に頑張りましょう!

写真は全麺協の賞状とバッジです。

081013_221901

話は変わりますが晩酌にお祝いに風の森、雫酒を一人で噛み締めました。

なんか今日は色々なことがあり過ぎて興奮して文章が上手く書けませんねsad

また、皆様とお会いした時にでも試験の様子をお話したいと思います。

ではでは........。

2008年10月12日 (日)

蕎麦打ち初段試験前日です!

081011_142701 明日13日は以前からブログで公表しておりました、三田の永澤(ようたく)寺の蕎麦道場で開催される全麺協の「蕎麦打ち素人名人」の初段の試験を受けに行ってきます。

本日は鶴橋にある「浪花蕎麦打ち塾」さんでの最後の練習に行きました。

社長にお願いして試験本番で使う粉(蕎麦粉500グラム、つなぎ200グラム)で練習!一応、時間が片付けも含めて40分となっておりますので写真は菊練り後の丸延しの段階からです。

あわてているせいか厚みが全然一定ではありあませんね。

081011_144401

本延しが終わり折りたたむ前の段階です。

蕎麦はここまで延びてきます。素早く、激しく動くのでこの時期とはいえ、汗ばんでくるのですが、この上に落としてはいけません。試験本番でも減点ですし、何より蕎麦は食べ物!常に衛生的をこころがけなければ.......。

081011_160501

これが今日の出来ですが、少し太くばらばらで少し不満ですね。まあ、試験本番ではこれぐらいならいいのですが、もっと細く切り落とせるようにならなければいけません。

081011_162301

蕎麦打ちが終わったあとは、楽しい試食タイム。

こちらはY氏の作られたスダチのぶっかけ蕎麦。福島にある蕎麦の名店「まき埜」さんのすだち蕎麦を彷彿とさせる美味しい、素晴らしい出来栄えです。

Y氏はアイデェアマンでこれまでもカレー粉を練りこんだものや唐辛子、わさびを練りこんだものなど色々な蕎麦を作られています。個人的には唐辛子が好きでしたが........。

浪花そばうち塾さんでは、色々と好きな蕎麦が打てるのが特徴です。こうして色々なそばを食べることは勉強になりますね。

081011_163201_2

すいません。なくなりかけていますが、これは試験会場である永澤寺付近の粉で僕が打ったお蕎麦です。

香りはあまりしないのですが蕎麦の甘みが強く、弾力がある上品な感じの蕎麦です。今度は二八ぐらいで作ってみたいですね。

081011_164401

こちらは浪花そばうち塾さんを主宰されている大阪製粉さんの国産粉です。北海道は士幌産の丸のまま引いた粉です。ざらつきもありますが香り、味が強く僕は好きな味ですね。美味しいです。

ちなみにしたの葱は父親の趣味の農園で取れたもので、薬味には最高でした。香りが強いのでどうかなぁと思いましたがいい蕎麦にあうと相乗効果でとても美味しくなりました。

明日は、いよいよ試験です。

合格していい報告が出来るといいですね。頑張りまっす。皆さん、応援宜しくお願いします。

2008年8月 3日 (日)

本日の出来事①ー蕎麦打ち初段への道ーチャレンジNO.2

本日、8月3日(日)はまる一日休みでした。今日の出来事をオムニバスで紹介します。

080803_104501

朝、10時30分、蕎麦打ちの練習スタート!まだ、のし板を手に入れてませんでしたので、昨日、コーナンで購入したコンパネで代用しました。

試験の時間は40分です。その間に片づけまで終わらせないといけません。

080803_111501

水回し、練りが終わり、手で丸くのしたとこです。

44%と程の加水ですが相当、やわらかいです。クーラーをかけてませんでしたのでもう少し水を少なくするべきでした。

080803_113101

やわらかすぎて、肉分け・幅だし、本のしがきっちりと出来ませんでした。不充分なままたたんで切ることにしました。

またもや、失敗です。トホホ.......(ToT)

しかし、失敗でも麺体を作らないといけません。最後までやりきらないと試験では大きなマイナスになります。

080803_113301

駒板をあてて慎重に切っていきます。

080803_114401

切り終えました。今日の作品です。

約45分かかりました。まだまだ、練習は必要ですね。

2008年7月30日 (水)

蕎麦打ち初段への道ーチャレンジNO.1

080727_120501 本日は月一恒例の寝屋川蕎麦打ち塾の日です。本日より蕎麦打ち初段の試験対策で初段に受かるべく時間を計ります。

外は、照りつける太陽で現在の気温が38℃を越してます。うだるような暑さで息をするのも苦しいくらいです。今日は直前に仕事が入ってしまい遅刻気味ーあちゃ~五分の遅刻です。

そうでなくても水廻しを失敗ばかりしてナーバスになっている所、この暑さや遅刻で、恥ずかしながら教室へ行くのも嫌になりかけになりましたがこのブログで試験を受ける宣言をしている以上、逃げれません。なんとか教室までたどり着きました。

080727_120901

教室に入れば、既に見本打ちが始まっていました。今日の見本打ちは見慣れない女性の方が......。塾生の皆さんが全員集まってみておられます。

普段は全員見ることはありません。どんな凄い人が打たれてるのかと思いきや.......。

080727_121201 現、第11回関西素人そば打ち名人2007年度、現在の蕎麦打ち名人の「野村 豊美」さんです。説明はご主人さんがされていました。

http://www.sinanoya.com/school/index.html素人名人とはいえ、プロのお蕎麦やさん顔負けの腕であることは確かです。

以前紹介した塾長でもある「木村 敏明」さんは第2回のそば打ち名人です。

蕎麦の打ち方には答えがなく千人十色です。木村塾長も凄かったのですが、現名人の野村さんの打ち方を見て学ぼうと塾生一人ひとりが真剣に見ています。息を呑む音まで聞こえてくるようでした。その中で名人は黙々と作業を続けます。

080727_121801 さすが、名人!無駄のない動きで女性らしく丁寧な作り方でした。今日みたいな暑く、クーラーのかかっている部屋はとても乾燥しています。しかし野村さんはそういうハンディを感じさせず黙々と作業しておられました。汗も落とさない様、タオルで顔を何度もぬぐってます。そうです。お蕎麦は食べ物なので、汗を落とすと大きなマイナスとなるのです。

しかも、野村さんは女性なのでどうしても男性よりもは力がないはずですので多少ハンディとなるはずです。しかしながら、ルールは男性、女性関係なく同一です。全く、厳しいスポーツですね。

080727_122001 おっ~と、先程蕎麦打ちをスポーツと言ってしまいましたが、僕は調理じゃなく、スポーツ=競技だと思っているんですよ。

技、精神的なタフさ、集中力、体力、優雅さ、道徳(マナー)などが要求されるゴルフにも通じるスポーツですね。

そんなことを思ううちに作業は水廻し、練り、延しの作業へと進みます。無駄のない作業は素晴らしいの一言です。

080727_122401 延しがぴたっと計ったように正確で均一です。分かりにくいですが野村さんの様に四角で均一な厚さに作ることがいかに難しいことか.........。

今日の粉、乾燥具合の状態なら多少ぶれる(野村さん、ごめんなさいcoldsweats01)かなと思いましたが、全然、関係なく素晴らしい出来ですね。

080727_122601 もう、切る手前の作業です。打ち粉(はな粉)をふりくっつけかないようにします。これを折り曲げて切るのです。

蕎麦打ちの工程は、何度も言いますが口では簡単に説明できます。「混ぜて(混ぜて)⇒練って(菊練り)⇒伸ばす(延す)⇒切る」たったこれだけの工程ですが、作るのは大変難しいのです。

080727_122901

蕎麦を切っていきます。とんとんという小気味よい音が聞こえます。蕎麦切りは、タイミングです。何本切れば何グラムか把握しておくことが必要です。

080727_123401 野村さんは、大体40回~45回ほどの間で切ってました。太さがマッチ棒程でしたので、大体2人前240グラムばかりじゃないでしょうか?

太さは大体2ミリといわれますが太いのが好きな人は太くても構いません。茹でムラが出ない様に均一にすることが大事なのです。

しかも野村さんは殆どかすが出ません。かすが出ないことによりより正確な蕎麦の量になり無駄になりません。下手な人程、かすが出てくるのです。ほんと「素晴らしい!」の一言に尽きます.......。凄すぎでした。野村さん、素晴らしい見本打ちありがとうございました。

080727_125901 次は僕達、塾生の練習が始まりました。初段組みのブースで練習です。3人一組でしたので、最後に打たせてもらうことにしました。水の分量、水回しに自信がないので他の人の量などを見て観察します。

初段は700グラム(約10人前)の二八蕎麦が課題です。40分以内にうち終えないといけません(片付けも入れて)

こちらは塾生のKMさんの水回しです。綺麗に水が回ってますね。

080727_131701 KMさん練習風景写真取らさせていただきましてスイマセン。何しろ、自分の練習風景は取れないもんで(当たり前ですが....。)

水廻しが良く出来ており、お蕎麦は美味しかったですよ!

080727_143301 いよいよ、僕の番です。今回は、結論からいうと左の写真の出来栄えでしたが、1時間もかかってしまいました。1時間も掛かると蕎麦も乾燥して美味しくなくなります。

やはり水廻し、最初の1段階目が苦手みたいで家で特訓しないといけませんね。まあ、しかし今回は麺体になってくれましたので多少自信は回復。次回は水回しがきっちりと出来る様にしたいですね。水回しがうまく出来ると生地も伸ばしやすくなります。何事も最初が肝心ですね。

080727_144401 最後は皆さんの作った蕎麦を持ち寄り試食タイム。

楽しいですが、怖い一時ですね......。自分のがまずかったらどうしようかと思います。(実際はそこまでひどいものは、ありませんよ....先生がきちんと指導されますので。)

なにわともあれ今日の練習が終わりました。今日の練習で出来るところと出来ないところが、はっきりしました。大収穫です。あと2ヶ月たらずで修正していきましょう(しないといけませんがね)。

080727_121401 こちらの蕎麦打ち塾のそば粉は信濃屋そば製粉㈱の士幌産の地粉を使われているそうです。

蕎麦の味がするいい粉ですね。いい粉を生徒さんに使って欲しいということなのでしょう。この蕎麦打ちは、自分ひとりだけでは、なく木村塾長を始め先生方の熱い気持ち、あと日本酒仲間でもあり蕎麦打ちの大先輩ITさん(いつも塾の帰りは車で僕を送っていただいております。このブログからお礼申しあげさせていただきます。本当にありがとうございます。)、の優しい気持ち、その他大勢の蕎麦の関係な方によって支えられてます。 必ず、頑張らないといけないです。

080628_190201 家に帰れば一尺八寸の新しいこね鉢がきていました。

これにて練習もたくさんできます。

2008年6月23日 (月)

失敗は成功の母

本日は月に一度の寝屋川の蕎麦打ち塾寝屋川の蕎麦打ち塾の日です。寝屋川の蕎麦打ち塾では全麺協の初段認定試験に対応すべく通っております。

D2wiiy_y 寝屋川市民会館内に教室はありあます。


Cd9gesq8 2,3人に先生が最低一人はついていただけるという贅沢な教室です。


今日の見本打ちは元気で面白いA先生です。

Jitflyaj 粉をふるいにかけ丁寧に混ぜてから最初の水廻しです。ここでは砂場状態になる様素早く混ぜます。


Nshrl1ct 蕎麦は時間が命!素早く冷静かつ繊細にが必要です。


8yw_bhdy 2回目の水廻しです。ここでは砂利状態になる様にします。


Qfsq1hin 最後の水廻し。水は手で受けながら調整程度にとどめます。先生ともなれば水が充分いきわたっているのか粉が自然と寄っていき団子状になります。この水廻し作業が一番難しいとされています。


僕も今日注意を受けましたが手で受けた水は何ccか把握しておかないといけません!蕎麦の水分調節は1%でも狂うと大変ですので感覚だけではいい蕎麦が打てないとのことです。

6rky8qtd 団子状の粉を固まりにして練りが始まりました。鉢も綺麗でしょう。上手な人は作業道具、自分の手も汚さないものです。


Yhnj2fcm 空気を抜くための菊練り開始。


Rfs2kd4q 菊練がほぼ終了されています。次に菊の中心を頂点に円錐を作りつぶして丸くします。


Bkzzenn0 打ち粉を少しまき丸くした生地をおきます。


手で出来るだけ押さえて厚さも同じなきれいな円形を作ります。これ以上はという所で麺棒を使う延しが始まります。

1ghk8stp 延しの開始です。最初は少しずつ伸ばし円形を保ちます。少しずつ動かして伸ばすのですが先生ともなると何故か勝手に生地が動きます。


Nw5sq205 ここでも厚さを均一にすることが必要です。円形ばかりに気をとられてはいけません。


9achbs6m ある程度の大きさに円形ができあがれば次は角だし。四角の角を作る作業です。巻き棒に巻きつけ押さえながら廻します。そうすると巻きつけたほうと反対側、向こう側の生地が延び角が出来ます。


Qu8d5jbt 角が四つできますと、ある程度四角になりますので、次に肉(生地)分けをします。先ほどの角だしで対角線上が伸び、薄くなっているので所の肉を寄せます。


Tidyw49d 巻き棒で転がし厚みを少し調整した後は本延しです。ここで全体に均等な2ミリ程の厚さに延します。生地が大きいので下を巻き上半分、下半分、真ん中と延していきます。いよいよ、完成間近です。


Ctdgqboz あとは折りたたみ切っていきます。まな板の上に打ち粉を振るのを忘れないようにしなければなりません。


Zzrcdcln 切りです。こま板は包丁で動かします。何本切ったかで何グラムか覚えて無いといけないです。


Y7hltxfu 僕も今日勉強になったのですが麺体は捻らない方が良いそうです。


O_ssvnkr 綺麗な麺体です。さすがA先生ですね。拍手喝采でした!


次は僕の番でしたが、どういう訳か水分量が足りず三回目の水廻しでも粉が中々寄ってきません!あせれば、あせるほど寄ってこなく時間がかかり過ぎました。強引に寄ったときもまだ固かったのですが先生の助けを受け生地を延ばしていきましたがかさかさに、ひび割れ、鮫肌状態でなんともならず
give up! 延しも不十分なまま切ってしまいました。試食にも出せるものではありませんでした。
う〜ん、どうして水分量が足りなかったのか、反省する必要があります。やはり、自分はまだまだです。今回の失敗を糧に精進していきます。先生方も励ましていただけてありがたかったです。試験には受からなければと強く思うのと同時にむしろこの時期に失敗できて、よかったと思いたいですね。
 気を取り直して、人の打ち方や先生の話と色々話すことにしました。蕎麦に集中がない分色々お話が聞けて勉強になりました。

Zik5us2x 試食タイムです。他の生徒さんの作った蕎麦をたくさん食べようかと思います。


Np8vilie 試食中、生徒のお一人IDさんより「男の美酒学見てますよ。」と言われました。蕎麦打ち塾の生徒さんには宣伝してないのですがそういっていただけるとうれしいですね。IDさんは3段所有で毎週、家で二、三回蕎麦打ちをされてるとのことです。IDさんの蕎麦は枚方の天笑さんのごとくエッジが立ってました。お見事!さすがです。美味しかったです。


IDさんとお話出来たことにより自分の失敗は練習不足なんだと気がつきました。蕎麦打ちは過程は簡単なんですがやり方は教わってすぐマスター出来る程、簡単ではありません。教えを自分にあったように解釈して試していかなければいけないのです。一回の失敗でくよくよすることは、なかったのです。もっともっと失敗しなければならないということに、気がつきました。
IDさんは、僕が麺棒が欲しいという話をすれば木村塾長さんへお話に行かれたりと親切な方でした。
IDさん、今日は、ありがとうございました。試験お互いに頑張りましょう。

この一言が言えるように...。「あの時の失敗が合格させてくれた」と.....。

Yol1culk


2008年6月15日 (日)

今日の出来事ー�最終章 「浪花蕎麦打塾」

今日の出来事、第三段、最後です。

イカ焼き「牧野」さんを後にし「浪花蕎麦打塾」(そば粉専門店おそばどっとこむ http://www.o-soba.com/ )へ行きました。さて今日は、最初に二八、あと一九で打ちましたが出来はどうだったでしょうか?

Cymhgzt2


Ex4ylvxx


K8iufpkl 水の量が一目で分かる表が貼ってあります。蕎麦は加水が大変。やり直しが聞きませんので自分で判断するしかありません。わずか1%でも間違っても失敗してしまいます。


Gihbnans 蕎麦打ちは素早さが必要ですので混ぜる写真とかは撮れませんでした。菊練終了後の写真です。もう少し綺麗にひだをつけたいですね。


今日は乾燥しており打ちにくい気候だったのですが仙酔庵さんでのアドバイスのおかげで加水には成功しました。柔らかい蕎麦を「ズル蕎麦」といいます。ズルズルな状態とズルしている二つをかけてそう言われます。

Jafv6vxt 丸く手でのした後の状態です。ここから延し棒で伸ばしていきます。


6zps9pui 今日の蕎麦です。少し太めに切りました。


Blcnmnhj 蕎麦打ちも終わり試食タイムです。昆布を練り込んだ変わり蕎麦を作られた方の作品を試食させていただきました。飲み込んだ後の昆布の香りが気持いですね。


Lpyf9gbj 先生の一九蕎麦です。ぼそぼそしてなくのど越しも良かったですね。


Fulzfmfb 更科蕎麦です。更科は一番粉を使用している非常に打ちにくい蕎麦です。香り、味があまりしませんので柚子やゴマを入れたりと変わり蕎麦に使用されることが多いですね。暑い時期などはさっぱりして美味しいかと思います。


こうして、あわただしい1日が終了しました。いやぁ〜疲れましたね。蕎麦うちは体を結構使いますし、立ちっぱなしなので料理をするというより、ちょっとしたスポーツですね。
たまには、今回のようにオムニバス形式として1日を振り返るのもいいですね。smile

2008年6月 9日 (月)

素人蕎麦や〜たかP亭〜1日開店の巻

 本日はなっなんと、1日限定で蕎麦やさんをすることになりました。蕎麦打ちを始めてから8ヶ月程で初段もない状態でなぜ、蕎麦やを主催することになったかと言いますと、以前僕の蕎麦を食べていただいたジョー・ギリアンさんに頼まれたからです。何回かは断ったのですが、僕の蕎麦を「美味しかったです。また食べたいですよ」と言っていただいたギリアンさんの熱意にうれしく思い、勉強も兼ねまして主催させていただいた次第です。

 せっかくですので蕎麦だけではなく蕎麦にあう料理、お酒を出していこうと思いました。さて、うまくいくでしょうか?助手は日本酒好きな若者Qちゃんです。

A3uapdzr 準備は前々日から食材運びから始まり当日は家で蕎麦を打ちました。14人きますので一人2杯くらい食べてもいいように、30人前くらい用意しました。


Sod_qlvp 蕎麦をどんどん切っていきます。今日は浪花蕎麦うち塾の大阪製粉さんの蕎麦粉は非常に打ちやすかったです。家の台が小さくて少量ずつ分けて打ちましたので大変です。いそがないと.....。


Bcggki3e 今日の会場は貸し教室のエンクルさん(リンクバナーにも貼り付けてます)です。オーナーの横尾さんとも知り合い何か面白そうなイベントがあればちょくちょくお伺いさせていただいてます。今日は横尾さんも参加されます。


話は変わりますが以前紹介したミシェル・ヴァン・ジャポネさん空庭さんさんと同じ通りにあります。今年は何かと谷四に縁を感じます。

Ado5nubh 僕とQちゃんは早めに入り料理の準備です。時間がないので大慌て!Qちゃんも買い物に盛り合わせに大奮闘でした。


Dvo6ld3d どんどんと料理が出来上がっていきます。


ちなみにメニューは、蕎麦チップス、鴨鍋(かみなり亭さんの鴨鍋用だし=命のだしをおすそ分けいただきましてありがとうございました。)、野菜のオードブル(まねきポンズ添え、かもみそ添え)とのし蕎麦スレット風付き、鴨ロース、もり蕎麦(からみ大根で食べていただきます)です。

Phbaynyw そうこうする内に女性陣、Mさん、まあさん、みぞっぷが来て手伝ってもらいました。その合間に蕎麦チップスを食べてもらってます。


男性陣も集まってきました。なんちゃんは、なっなんとあおりイカをキロアップで持っていただき刺身を作っています。
えんがわも食べられるとのことで楽しみです。

HNさん、龜産さん 、Gさん、ジョー・ギリアンさん、Y先生、かふぁれるさん、オーロラさん 皆さん集まり、何とかスタートに間に合いました。

0huvf_pb 皆さん持込みもあり沢山の料理となりました。


Qrha8uw9 かみなり亭さんの命のだしを使った鴨鍋は美味しくいいだしが出てます。どんどん鍋もなくなってきました。この出汁と蕎麦が旨いんだよなぁ〜。


Vph48vfm 僕は蕎麦を湯がくのに専念します。出来はまあまあですね。しかし、粉がいいので風味があり皆さん美味しかったのではと自画自賛しております。


Hsww1xrq 蕎麦や酒は地酒にもこだわります。Qちゃんが選んだ千代むすび酒造さん「酷」。なんちゃん差し入れの梅の宿酒造さんの梅酒です。なんちゃんの差し入れです。


Wd208iu0 またまた、なんちゃん差し入れの浪乃音酒造さんの「渡船」です。幻のお米渡船を使った非常に貴重なお酒です。なんちゃん。ありがと〜。大吟醸でも非常に酷があり美味しかったです。Qちゃんもなんちゃんも杉本商店さんでお酒を購入してきました。僕は浪乃音さんは非常にシンパでそれを考えてなんちゃんも杉本商店さんも選んでいただいたとのことです。心遣いがうれしいですね〜。


こうして、蕎麦会も楽しく終わりましたが、僕のほうはというとテンぱってしまい、あわてて皆さんの手伝いがなければ会は出来ませんでした。お店の大変さが分かりました。料理は美味しいだけでなくスピードも必要で、サービスも必要だと....。素人だから有されるのですね。

肝心のお蕎麦も皆さん美味しいっていってくれて正直、うれしかったですね。今度は初段を目指し一段階レベルアップしようと思います。また蕎麦会できる..かな。今度は蕎麦うちのみで.....。やりましょうね。

なんちゃん、ジョー・ギリアンさん、Mさん、まあさん、みぞっぷさん差し入れ、振る舞い酒等ありがとうございました。Hさん、龜産さん、Y先生かふぁれるさん、オーロラさん片付けをほとんどやっていただいたり、お鍋をお世話いただきましてありがとうございました。

Qちゃん、君がいなかったら準備もできなかったよ。ありがとう。最後にエンクル横尾さん、いろいろ便宜をはかっていただいたり何かとありがとうございました。

蕎麦会も皆さんの暖かい気持に包まれ終幕となりました。

2008年5月27日 (火)

感動!関西蕎麦打ち名人の技

本日は寝屋川の蕎麦打ち塾の日です。現在は、先に紹介した浪花蕎麦打塾と合わせて2つ教室に通っています。こちらは、全麺協会の認定試験に対応した教室となっています。寝屋川市民会館で毎月第4週の日曜に開催されています。

僕もせっかく蕎麦打ちを習っていますので10月の11日〜
13日に行われる認定試験の初段を目指しています。まだまだ、試験を受けるというレベルでもありませんので少し恥ずかしいですが目標として頑張りましょう>

4gcmcy1s 市民会館へ向かう前、田んぼの代掻きぽい作業をしていました。この時期は田植えって終わってるのでは...?都会生活に慣れ季節の感覚も失っています。


Z8ybs6uq 寝屋川市民会館。


Rw4mzrrh 蕎麦打ち教室スタートです。今日の見本打ちは、なんと二代目関西蕎麦打ち名人の「木村 敏明」先生です。毎年10月に三田、永沢寺で行われる蕎麦打ちの名人戦でチャンピオンにもなられた方です。楽しみですね...。


Dzfrlwxe 木村先生は「たいして参考になりませんよ。」と謙遜されてましたが、無駄な動きが一切なく、すばらしかったです。水廻しの第一段階作業です。


S2ihqtbc 水廻し第二段階。木村先生の経験に基づいたアドバイスコメント付です。簡単で分かりやすくてとてもためになります。教え方も一流ですね。


Sujz5azr 第三段階の水廻し作業。粉が小石から団子状にきれいに固まっていきます。しかも団子はほとんど均等ですので驚きですね。


X53himco 団子を寄せ練っていきます。今は菊練り作業です。菊の花びらのように真ん中を絞り空気を抜きます。こね跡がきれいな模様になってます。


P2hhr5t9 延し作業一段階の丸延しです。均等な厚みできれいな円状です。僕もこれが苦手なのですが綺麗な丸にはなかなかなりません。麺棒を思い通りに使いこなすのは難しいのです。


Qitxcvif 角だし作業です。ここで丸から四角になります。無駄がない作業でここまで20分少々しかたってません。そうです。蕎麦はスピードが命!30分ほどで作らないといけないのです。早さが要求されます。木村先生は全然、余裕で一糸たりとも乱れがありません。


Rluftupq 本延しです。四角い形を整えます。このとき厚みも均一になる様、調節しなければなりません。綺麗な四角形ですね。


Qqho0em_ 折りたたみも終わり、いよいよ切っていきます。


5lfvon4s 素早くリズミカルに2ミリぐらいに均一にきっていきます。約25回ほど切って、ひとくくりにしてました。


Qzmbbsbo 名人、木村先生の出来上がった蕎麦です。驚くべきことにひとくくり、2人前240グラムでくくっており、誤差がほとんどありません。



さすが、名人 木村先生。その蕎麦打ち姿は舞台芸術を見ているかのように美しく、感動しました。

あとは僕も他の先生についてレッスン開始です。
Aoduv1bv ここの教室は生徒2,3人で各先生がついていただけるので非常に勉強になります。


Cslmzlqg やっと出来ました。たくさん指導をうけたり、てんやわんやしながらですが......。こちらが僕の打った蕎麦です。見た目は先生と変わらないかも知れませんが試食してみると、微妙に粉っぽいですね。水廻しが下手でよく粉が混ざってないせいでしょう。もっともっと、勉強あるのみ...。


蕎麦打ちは、難しいですが、認定試験に向けてチャレンジしていきたいと思います。練習あるのみですね。

2008年5月11日 (日)

浪花蕎麦打塾

 本日は蕎麦打ち教室の日。生野区にある大阪製粉さんの「浪花蕎麦打塾」へ行きました。

 僕の蕎麦との出会いは去年の6月。東京へ「日本酒フェア2007」に参加する前に「神田やぶ蕎麦」へ寄り、蕎麦の美味しさに目覚め興味を持ち始めました。帰った後、日本酒仲間でもある「ITさん」にこの話をしたところITさんも趣味で蕎麦うちをされているとのこと。ITさんの行かれている浪花蕎麦打ち塾さんへ参加しそれ以来、こちらの教室で蕎麦打ちの勉強をさせてもらってます。

 しかし蕎麦は何回打っても難しい。手順は大きく分けると「水回し」「のし」「切る」と三つなんですが、一つ一つが繊細で細やかな作業でとても奥が深いです。僕も習い始めて半年以上で蕎麦の形にはなってきましたが、まだまだ下手くそです。果たして今日の出来は...。

Zbszed4d


Ajjv7spl 楽しく真剣に...


Iroowbpe 「切る」作業中です。駒板に合わせて切りますが一定の太さにするのは大変です。


Y5rxkwp4 出来上がった蕎麦です。今日は8:2と9:1で作りました。雨が降っていて水分量が難しかったです。


Undkakkd


こちら「浪花蕎麦打塾」さんは蕎麦の楽しみ方を教えてくれる初心者大歓迎の蕎麦打ち教室です。興味のある方は下記より応募下さい。

そば粉専門店おそばどっとこむ http://www.o-soba.com/