フォトアルバム

ブログペット

  • かわいがってね~!

チャンス道場

アクセス

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 男のちょい飲み一人旅part7~なかを酒店(片町)訪問② | メイン | 男のちょい飲み一人旅part9~立ち飲みで日本酒をまったりと~稲田酒店さん(天五) »

2008年11月24日 (月)

男のちょい飲み一人旅part8~京橋ちょい飲み事情(たかP編)~

081121_210901

最近はちょい飲みが多いなぁ~って、いうことで、地元京橋で私、たかPが最近飲んだり食べたりしたとこをルーズに紹介します。

まずは、立ち飲みのご存知「岡室酒店」で....。

春雨と茄子のチャプチェ風炒め物と定番熱々鰯フライを瓶ビールで......。

081121_211401

今日はリッチに軟骨の串焼もつけました。

あと日本酒で世界一統の「男波」を飲みましたが写真を撮り忘れました。

今まで良く考えなかったのですが、居酒屋のあてって結構難しいですね。美味しくても高かったらダメですし、お酒と合わない貧相なものでは見向きもされない。

岡室さんは大将が料理好きなのであては信用できます。しかも他の立ち飲み屋より安価です。

081120_222502

次は「山葵」さん紹介します。あてはほとんどが一品350円均一という安心価格でおいしい。

店主のさおり嬢は料理、お酒ともセンスはぴか一ですよ。

地だこの刺身。これがうまいっす。こりこりする歯ごたえがなんとも言えない。

ハーフスタンディングバー形式をとっているがこちらも一応、立ち飲み屋。

081120_222501_2

日本酒もたくさん。地たこには「綿屋」で攻める。

大吟醸だが綿屋さんの金の井酒造さんは地元の契約農家のお米で作っているので雑味が少なくすっきりしている。たこの甘さを引き出してくれますよ。

081120_223801

おからのたいたん。

具たくさんでつまみとしてもボリューム凄し。

081120_224801

お酒は杉本商店さんもお勧めの「花巴」。

甘口のお酒だが甘口のよさがでている。おからやお蕎麦にも合うお酒でしょう。

やはり山葵さんもあて充実店。

081121_222101

次は上海出身のマスター夫妻が切り盛りする中国酒家「金国」さん。

ここはちょい飲みだけでなく、しっかりした料理もあり本格的に飲めます。

が、僕は餃子を無性に食べたくなったとき、餃子をあてにちょい飲みをしにいきます。

081121_222601

愛想のよく、日本語が達者な奥さんとの会話も楽しみなお店。あても小皿料理が多く、僕のような飲んべいには嬉しいですわ。

餃子が出てくるまでピータンを楽しむ。

081121_223401

水餃子です。

にんにく無しの餃子は胃にもやさしい。もちもちの皮がうまいっす。

081121_223601

焼き餃子も......。こちらも癖がない餃子。ビールがすすみますね。これを食べ終わると投了。長居は禁物。明日の仕事に差し支えますね。

京橋ちょい飲み事情いかがでしたか?

京橋花月も完成することですし、是非お立ち寄りの際は僕に声を掛けてくださいね!(笑!自称、京橋ちょい飲み親善大使です。)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/355051/17198932

男のちょい飲み一人旅part8~京橋ちょい飲み事情(たかP編)~を参照しているブログ:

コメント

にんにく無しの水餃子が良いですね!!焼き餃子やニンニクたっぷり餃子が多いけど、シンプルな水餃子ってあんまり無いような気がします。
それでちょい飲みですかぁshine1人で飲みに行った事がないので、なんだか大人っぽいなぁ~と思っちゃいます。お酒は無理ですが・・・1人で行けるカフェでも探してみようかなぁ~wink

僕も餃子はにんにく無しの水餃子の方が好きです。

ちょい飲みをするのは、一日ちょっとの美味しいもねを食べ幸せを感じるためです。たくさん美味しいものを食べ過ぎても美味しく感じにくいし、健康を損ねたら駄目ですもんね。
ちょい飲みは大人というかおっちゃんの粋に入った飲み方です。まあ、実際おっちゃんと呼ばれてもおかしくない年ですし…(笑)

お酒飲めないということですが、つぐみんさんの住んでおられる静岡県には開運とか、磯自慢とか杉錦といった素晴らしい日本酒がありますよ。特に開運の無濾過酒はワインのようで美味しいです。また、機会がありましたらお試し下さい。

コメントを投稿