フォトアルバム

ブログペット

  • かわいがってね~!

チャンス道場

アクセス

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

生肉を食すー滋景(じけい)守口にて

081025_180601_2 土曜日はマイミクでもあり日本酒、蕎麦打ちの先輩のたかちゃんさんの案内のもと、同じくマイミクの、お酒大好き美人なまゆまゆさんと守口市にあるホルモン専門店「滋景(じけい)」さんへ行きました。

滋景さんのマスターは、たかちゃんさんの叔父さんで先先月の鶴橋パトロールでホルモン専門店の生肉が美味しかったことをたかちゃんさんにすると、「私の親戚がやっているホルモン屋があるので行きませんか?」という運びになり、お伺いすることになりました。

081025_180602_2

慈恵さんは関西のホルモン屋さんでも数少ない、生ホルモン専門店です。ホルモンマニアからは有名なお店だそうです。他県からも訪れるファンの方が多しとのことで、その生肉をアレンジされた料理も数多くあるそうです。

お店は京阪守口市駅、東出口北側の道を市街地と反対側に5分ばかり歩いた所にお店があります。

周りにお店がないので黄色い看板と赤い提灯が目立ちます。看板には『冷凍ちゃうでぇ』という自身の表れを示す文言が.....。期待がもてそうですね。カウンターのみの席に座り、店主の説明を聞きながら食べたり飲んだりするスタイルです。当然なんですがこれでもかぁっていう程、マスターお薦めの生肉が、たくさん出てきましたよ。それもマスターお勧めのお任せフルコースでした。

081025_180901_2

こちらの生肉を食べる基本は、刺身見たいに生姜醤油につけるスタイルです。よくホルモン屋である、ごま油を大量に掛けてというやり方は、ごま油の味がまさってしまうからとされてません。このやり方なら醤油には少ししかつけず肉の味を存分に楽しめますね。

肉の美味さにさに自信があるんでしょうね。

まずは三人とも生中でカンパ~イbeer

まず出てきたのは右はタンを軽くボイルしたものをマヨネーズをつけて食べるものと左はタンのもろ生です。

食べてみると、お肉の臭みが全然ありません。むしろ甘い味がします。ボイルしたほうはさっぱりと生は少しこってりとしてます。対比が面白いですね。マスターも「いいお肉は甘い味がする」と説明されてましたが、その通り!

081025_181101_2

当然なんですがこれでもかぁっていう程店主お薦めの生肉が、たくさん出てきました。次は左は生レバーで右はタンしん(タンの筋肉)です。

レバーの赤色が綺麗で見るからに美味しそうでしょう。これだけの生肉を見るのも始めてですし、見ればみる程、興奮してきます。肉って綺麗ですね。見事な赤色です。既に肉食獣状態です。

レバーはこれ一番好きだったなぁ~!濃厚な甘いミルクみたいで美味しいです。普段食べるレバーみたいにえぐみが全くありません。これは塩で食べます。

こうなりゃ、ビールじゃなく日本酒だなぁ!マスターに頼むと大阪、池田のお酒「呉春」が置いてあるとのこと。早速、頼みました。レバーの濃厚さがまったりとお酒の旨みと重なり相乗効果で更に美味しくなりました。タンしんも他のお店では、タンの先っぽと間違えておる所が多いほど希少価値の部位です。柔らかくやはり優しい甘みでした。

081025_181601_2

左はハツ、右はバラです。こちらも色が綺麗ですね。ハツはくどくなくさっぱりしていました。

バラの名前は部位の名前であり決して他のお肉より劣る意味ではありません。サシ(脂身)が細かく入っておりますが、さすが和牛!

上品なサシでくどくありません。こちらのお肉はビールのほうが会うかなぁ!

081025_182101_2

次はトロハラミです。サシも大きくトロマグロ見たいにとろけるお肉です。他のお店でもなかなか手に入らないとの事。

とけるだけでなく上品な甘みは、先ほどのバラを上回ります。

う~ん、美味しい!美味しいとしか言えませんわ。

081025_182501_2

こちらのセンマイを使った料理も工夫されています。センマイを自家製の梅干しを潰して、あえて食べます。こちらも自分の既成概念を帰る食べ方で勉強になりました。

しかもセンマイが白いでしょう。黒い皮の部分はく綺麗に全部削っています。肉に対するこだわりと手間は凄いですね!

当然、さっぱりしたセンマイに梅干の酸味がとても会い箸休めにはもったいない一品でした。

081025_190701_2

まだまだ食べまっせ!次はこてっちゃん(大腸)をボイルしたものの酢の物です。こちらもマスターのアイディア料理ですね。臭みの無い、ぷりぷりした食感のこてっちゃんは酢とよく合います。きゅうりともよく合いさっぱりとして、さらにお酒がすすみます。この様なアイディア料理が出来るのも肉を知り尽くしたマスターならではです。しかも、自分がお酒好きなんで、お酒と合う肉料理を作りたいと考えだされたものだと言っておられました。

お酒が進みます。呉春にコップ二杯、三杯目はおっ~と、まゆまゆと半分半分にしました。

081025_191801_2

当然、生肉だけでなく焼いたホルモンもあります。

こちらはマスターお勧めのバラを焼いたものです。焼くのも炭をいこして、炭火で焼いてます。油が落ち、美味しそうなお肉はレモン、からしで食べました。肉汁が滴っているのですがさっぱりとして美味しかった出す。

081025_193201

たくさんお肉も食べおなかも一杯になりました。

締めは特製カレーのルーのみです。これが贅沢カレーなんです。先ほどの贅沢ホルモンだけで出汁をとりその他の調味料は一切入れてないカレーです。甘みのある出汁に対してスパイスがぴりりと効いて胃をしゃんとさせ、落着かせます。

いやぁ~料理全部おいしかったですね~!満足、満足!次はまだ食べてない部位や焼きの方も試してみたいですね。

マスターも優しく面白くて接客もいいお店でした。

ごちそうさまでした~happy01月曜と金曜は仕入れのお肉が倉庫へ入荷されるときですのでお勧めとのことです。

たかちゃんさん、ありがとうございました。たかちゃんさんのおかげでまた料理の幅が広がりました。

滋景
大阪府守口市松月町7-4のあたり

営業時間 17:00~23:00
20:00くらいは混むので連絡下さい
っておっしゃってました。

電話 06-6992-9227
定休日 日、祝

2008年10月28日 (火)

笑いのタニマチ80回記念~仁智スペシャル~ひとり舞台~

081026_130101 日曜日はワッハ上方で笑福亭仁智師匠独演会「笑いのタニマチ80回記念会」があり、落語を始めてというマイミクの笑顔がかわいい美人なamiさんと一緒に参加しました。

実は僕もワッハ上方は初めてなんですわ。

様子が分からなかったんですが、かみなり亭の康裕くんより「たかPさん、当日は満員ですので早く行ったほうがいいですよ~!」という情報を聞き14時開演でしたが13:00に会場へ行きました。

当日はあいにくの雨模様でしたが、中は........?

081026_132601

会場にはいれば、当日券がない程の大盛況!
13時30分開場が早まり20分には開場となりました。かみなり亭の康裕くんの言葉は当たってましたね~!いつも通り30分前ぐらいに行けば完全立ち見でしたね。危ないとこでした。

落語は、仁智師匠お得意の創作落語!仁智師匠は僕の一番好きな噺家で、いつも笑わせていただけますね。仁智師匠と会えば「おう、高松出身のおにいちゃんやね~。」と言っていただき、お客さんの名前も覚えておられるすばらしい噺家さんでさすね。


まず、お弟子さんの智六さんによる南京玉簾でさらに会場が盛り上がりました。

081026_133701

今日の演目は、仁智師匠の話の中でも人気が高い「ヘイタクシー」「スタディベースボール」「四十九日」「狭間トクのゴクラク人生」の四部作!
面白すぎて、サイコーでした。amiさんも大声で笑い転げてます。師匠の噺はテンポがいいんですよね!

いゃ~久々笑いましたね。何回聞いても師匠の噺は面白いです。ワッハ劇場は広くて座りやすいし良かったよかった(^o^)/

聴いたことが無い人は是非聞いていただきたいですね。

途中、中入りで智之介さんにも会い挨拶をしました。智之介さんお囃子されてたんですね~!

かみなり亭のせっちゃん、笑いのタニマチに参加されるHさんとも会いまして挨拶しました。

081027_213501
師匠、ありがとうございます。ほんと面白いですわ。これからも益々、頑張って下さいね。

2008年10月25日 (土)

高槻で本格的水餃子を食すーはるぴん(高槻)にて

080917_193001 こちらも一ヶ月程前の件ですが、美味しい餃子を食べに、お酒大好きのSさんと高槻まで遠征し、中国酒家「はるぴんさん」へ行きました。良く毎日飲みに行かれますね~と聞かれますが、普段は仕事が遅く飲みには行けませんね~。土日や平日でも飲みに行く際に2,3件程いきますので、それをこま切れに紹介している訳です。

こちらも、もう2~3年振りになるかなぁ~!

餃子もサイコーやし、あてもお酒にぴったりで美味しい、しかも安い3,000円前後ぐらいかなぁ~とても好きなお店の一つです。

080917_193401 看板の餃子は皮が美味しいです。皮はその場で作りながら出しましてモチモチと旨い。店員の中国はハルピン出身の可愛らしいナムちゃんの笑顔も素敵なお店です。

ナムちゃんの餃子を作る手さばきは見事ですね。

080917_193501

こちらはジャガイモを細~く千切りにしたサラダ!向こうは余り見えませんが、固い豆腐を細~く千切りにしたサラダ!

どちらもジャガイモ、豆腐とは思えない食感で前菜にはうってつけの品です。面白いでしょう!

080917_193701

次にビールのあてとしてよく合うチャーシューを頼みました。

脂が上品で食べやすいです。

080917_194301

どんどん食べまっせ!と言っても一皿の量が少なすぎず多すぎず丁度ええ塩梅なんです。

次に定番の自家製ピータンと隣は、なんと鳥の足の煮込みです。

足の部分は日本では余り食べないかと思いますがゼラチン質でトロリとして美味い。

ビールが進む進むススムくんです。

080917_195501

こちらは春巻き。春巻きの皮も自家製で、先ほどのジャガイモの千切りサラダやモヤシ、お肉、きゅうり、人参などを入れます。

薄味なんですが皮が美味しいので何ぼでも食べられそうです。

080917_201801

ビールは中国の青島(チンタオ)ビールを飲みます。

あっさり薄味とはいえ中華風の油物が多い料理には青島ビールのようなさっぱりして切れ味があるビールが良く合います。

080917_201901

こちらは五皮被(ウーガーペー)酒。

色々な薬草が溶け込んでいる体に良いお酒だそうですが、アルコール度数が高い。

養命酒を濃くした味でした。体にはよさそうですがすぐに酔いそうです。

080917_204001

めずらしい料理がたくさんあり、なんか色々と注文してしまいます。

こちらも普通のタン料理ではなく、豚のタンの煮込みです。牛よりもさっぱりとした感じですね。

080917_204101

こちらは鳥の肝の煮込みです。ただの煮込みでなく炙ってから煮込んでいますので風味が香ばしいです。

どの料理も一工夫あり、美味しい。

そろそろ締めにいくか~happy01

080917_202901

はるぴん名物の水餃子です。

湯がかれた餃子を何もつけずそのままいただきます。

小麦粉のコシのある感覚が口に伝わり、餡の旨みが広がり最高の一品でした。

いやぁ~、ごちそうさまでした。いつもながら、美味しいし、ナムちゃんの接客も嬉しいちょっとどころかとても、えー店です。

また、行かなあかんな~。

「はるぴん」
  

  TEL:0726-75-0401

住所

大阪府高槻市城北町2-14-6

 営業時間

17:00~23:00

定休日

日曜・祝日

祝!アクセス一万人突破!

男の美酒学のアクセス件数が1万人を突破しました~sign03

思えば、関西どっとコムさんより本年4月27日より産声を上げ、7月21日にeoブログさんへ変更してから通算して一万人になったかと思います。

関西ドットコム時代に6,000人(多分.....coldsweats01)ぐらい。eoブログより4,000人を突破して計一万人という計算です。(えーかげんやなぁ~)

いつも、ご覧いただいてる皆様、応援して下さる皆様、コメントいただいた皆様、本当にありがとうございますm(__)m

ブログを始めて一番嬉しかったのは、9月に入りましてからは仕事も夜、遅くまで忙しくなり休みもイベントばかり参加しており一旦、ブログを休んでおりました。ちょっと休めば、億劫になったりして書く気が起こらないものなんですね。そんな自分のいい加減差にも関わらず、皆さんより病気でもしたのではないかという、心配のメールや電話が殺到しました。あと休んでいる間のアクセス件数が一番多かったりしました。皆様の心配や、励ましにより、これではアカンと、何とか10月に再開して今に至っております。

ブログを続ける難しさと、人の思いやりに触れた半年でした。

本当にありがとうございます。お世話になっている方々一人ひとりに御礼をしたいのですが、取り急ぎブログ上にて失礼します。

また『男の美酒学 一万人突破記念会』を開こうかなどと思っていますが・・・・・?

これから、「男の美酒学」、今後とも宜しくお願いします。

2008年10月24日 (金)

西九条パトロール②ー小林酒店 直売店~居酒屋グルメせぞんへ

081018_173801

西九条パトも第二部。いよいよ近隣のいいお店を紹介していきます。小林酒店さんから紹介を受けたお店は、小林酒店さんがオーナーとして経営されている「小林商店 直売所 本店」です。小林酒店さんとはすぐ目と鼻の先にある立ち飲みや産です。

央市場から仕入れされる新鮮な魚介類や豊富なメニュー、小林商店さんの日本酒が飲めるたちのみです。
こばやしさんが店長に連絡されて、一人で初めてでもすんなりと入れました。

081018_174001

日本酒もこんなにたっぷりと安い値段で出ています。

たっぷり五勺で四百円からで、一番高い「美」でも なっなんと六百円という驚きの安さです。小林酒店さんの努力の賜物でしょう。

081018_174301

081018_175201_2

081018_175701_2081018_174401

一品目は本日の目玉はまちの刺身。脂ののりも上品で多分天然もんでしょうが480円と安いかったです。このメニューが一番高くあと頼んだ、湯豆腐130円、土手焼きで330円と超お得!しかも美味しいですね!お酒も、北埼玉の亀甲花菱(清水酒造)、このお酒は同じ埼玉の超有名な神亀さんとは対極のお酒ですね。熟成よりも澄み切った綺麗さ、純情な乙女のようなお酒です。後、頼んだ旭鳳(きょくほう)が5勺400円と次に頼んだ花垣も550円と名酒が安い。

いいお店ですなぁ~!此花にすんでるおっちゃん連中が羨ましく思えました。しかし、日本酒飲んでる人はいません。それでも日本酒の底辺拡大を目指して小林酒店さんはお店に日本酒をおきます。

081018_180801
あとから、こばやしさん、お兄さんも来られて、先週、西九条店の方に、たちのみ三銃士がこられたことや、マイミクの愛論人のお母さんのイカ焼き屋さん「牧野」さんのイカ焼きもお店にだされてることなど色々な話を聞きました。

お店を出ると小林酒店さんに酒恋倭人さんが来られてましたので挨拶をして、直売店さんを後にしました。

締めて2,340円。やっ安い.....。また、行きたい出すね。今度は僕の地元、京橋に支店を出して欲しいものです。

081018_191801

小林酒店さんから西九条へ戻り、パトロールの唯一の参加者、マカロンちゃんを迎えに行き、「酒仙房 金生」さんへ向かいました。しかし、なっなんと、満席状態!
相席で構わないのでとお願いしましたが、お客さんに断わられ、残念ながら断念しました(ToT)
大変な人気ですね!

次は絶対行こう!リベンジするぜpout

081018_192701

泣く泣く金生を後にして、また西九条駅まで戻りトンネル横丁の「居酒屋グルメせぞん」さんへ行きました。

もう30年程されている居酒屋で、昔、西九条が住金で栄えた時の社員達がよく訪れたとのことです。今もOBでこの店を訪れる方もいらっしゃるとのことでした。このお店はパトロールしないといけないでしょう。

081018_192901

とてもいい味だしてるお店ですね。メニューも豊富、しかも安くてボリュームたっぷり。

昔と変わらずのただずまいとのことです。

081018_194001

生中、チューハイを飲み、まずマカロンさんの好物鳥唐揚げを頼み、ホルモン焼き、おでんなどを注文しました。なかなか優しい味で美味しいですよ。

さすが老舗の居酒屋ですね。
しかし、夕方から日本酒を立て続けに飲んでいて、ここでもお酒はきつい。ここで酔ってしまっては、うら若き乙女のマカロンちゃんに嫌われるし、間違いがあってはいけません!(冗談ですよ・・・・・・coldsweats01
と、いうか、へべれけ一歩手前状態になり、パトロールを断念して、南森町のバーへ行きました。

今回は途中、よってしまうという不運(どこがやーhappy02)によりパトロールを断念することになりましたが、西九条にはまだまだいいお店がいっぱいあります。日本酒度が高いのが特徴ですね~!それでいて値段は庶民感覚のお店が多し!やはり、小林酒店さんが頑張っておられるからでしょうね。

僕のお酒の師匠の一人である、酒恋倭人さんのブログにもよく西九条が出ております。是非、ご覧下さい。僕も酒恋倭人さんのブログを参考に西九条をパトロールしました。

ご飯の前に、ポン酒で一献http://syudouraku-kobayasi.cocolog-nifty.com/blog/

パトロールをして思うのは、下町ってえ~なぁ~って思いますね。何か美味しいものを食べるだけでなく人間の温かみが感じられ、なんか癒されますね!
パトロールの旅はまだまだ、続きます。次はあなたの街へパトロ~ルしたいですね。またパトロールの案内いただける方は、ご連絡下さい。(いつ訪れるかは分かりませんが、必ず検討しますね)宜しくお願いします。

2008年10月22日 (水)

西九条パトロール①ー小林酒店さんへ訪問しました。

081018_160701 本日は念願だった、西九条パトロールの日です。

環状線の西九条へ降りました。今ではUSJジャパンへ行くための乗り換えの列車が出ているところですね。

西九条のある此花区は海が近く埋め立てた部分がほとんどの場所です。西九条や千鳥橋の駅からは少し離れており昔の良き大阪の下町が残っているところでもあります。

まずはマイミクでもあり6月の魚柄先生と一緒させていただきました小林酒店さんを訪問する予定です!

さあ、レッツゴー(古~coldsweats01

081018_161401 駅を出れば、高架の下の「トンネル横丁」の看板が.......。

西九条は昔は住友金属さんの工場があり、社員の方で賑わっていた町です。トンネル横丁の居酒屋もそんな社員の方の憩いの場所になっていたのでしょうね。

今でもOBの方がわざわざここの居酒屋まで来られるみたいです。

081018_162801

西九条から歩くこと20分、此花区の暁明館病院の近くのアーケードの商店街にありましたに小林酒店さんはあります。

途中、千鳥橋を越えたあたりに、小林酒店さんや酒恋さんがお勧めする、名居酒屋「酒仙人 金生(きんせい)」さんがありました。小林酒店さんのあとは、こちらにも寄る予定です。

081018_163601

ありました、ありました小林酒店さんです。

予定時刻よりも遅くつき、迷惑をかけたにも関わらず、お兄さんと共々に暖かく迎えていただきました。蕎麦のお話を色々したあと(お土産に蕎麦を持って行きました)は、いよいよお酒観察です。

081018_171401

お店の先のショーケースには、小林酒店さんのお勧めである「松の壽」がびっしりとおかれています。

081018_165301

さらに奥には大倉、車坂、鉄砲隊、白瀑など色々揃っております。隣のショーケースにも写真には撮っていませんが石鎚などありました。

日本酒だけでたく焼酎類もたくさん揃っており、お酒好きな方には訪れる価値のあるお店ですね。

自宅の近くに小林酒店さんみたいな酒屋があれば、日本酒の購入助かるのですが........。

店内も明るくとても清潔でお客さんは安心して入りやすいお店です。

081018_165701

お酒は試飲できるものもたくさんあります。お酒も加茂金秀、松の壽、白瀑(しらたき)など色々試飲させていただきました。日本酒好きにはたまらないお店ですねhappy01

欲しいお酒はたくさんあるのですが、広島は金光酒造、加茂金秀、特別純米酒720ミリを購入しました。写真では真ん中のお酒ですね。切れがあるのに美味しい甘みがする味わい深いお酒です。酒恋さんに勧められて飲んでからは大ファンになりました。左のオレンジの秋あがりも切れをシャープにしすこし味のりしたものだったので欲しかったのですが自宅の冷蔵庫の状況上、一本にしました。あと、一升瓶だけでなく、720ミリもたくさん売ってますので冷蔵庫がそれほど大きくない一般家庭の人には嬉しいですね。

081018_171001

小林酒店さんと話しの中で、本当に美味しくていいものを売っていきたい。とおっしゃってました。

精力的に近隣の居酒屋開拓やお酒の会などもされています。そう言えば、ビューティーバー、にざえもんさんにも卸されているそうです。

今後ともお世話になりたい酒屋さんを見つけました。此花付近のいいお店もたくさん紹介してもらい、こばやしさんには色々とお世話になりました。

こばやしさん、ありがとうございます。今後とも、宜しくお願いします。

お店の看板でもあるビリケンさんもお客様を暖かく見守っていますよ。

小林酒店(酒道楽 小林) (こばやしさけてん). 〒554-0021 大阪府大阪市此花区春日出北1-3-8. 営業時間 : AM9:00~PM9:00┃定休日 : 日曜日. TEL : 06- 6462-3881 ┃FAX : 06-6462-4990

ブログもありますよ~(リンクバナーにも貼り付けています。)

ビリケンさんもお奨め!小林酒店酒屋日記

http://sake-kobayasi.cocolog-nifty.com/blog/

2008年10月19日 (日)

びっくりエイひれ~!-むてんかぼう基(福島)にて

080913_215201

080913_215301

一昨日の尊尊我無さんへ行った帰り、keikopanさんと別れきゅーさんと一緒にむてんかぼう基(もと)さんへ行きました。こちらのお店も日本酒の品揃えがいいお店です。料理も魚中心で美味しく、しかも安いお店です。

むてんかぼう基さんは、今年の冬に鯨のハリハリ鍋を食べに行ったきりで久々です。あの時のハリハリもサイコーだったなぁ!たらふく飲んで、食べてワインまで飲んで7,000円ぐらいでした。

こちらも「日本酒ゴーアラウンド」に出店されていました。

080913_215801

080913_220701

一杯目のお酒は、スイマセン!忘れました。瓶にラベルが貼っていない純米吟醸酒!味のりがいいお酒だったような気が........。こちらのお酒にあわすあてとして、むてんかぼうさんの常連のきゅーさんのお勧めのトマトの上にモッツァレラチーズを乗せたカプレーゼを注文。お店の名前の通り、無添加、無農薬を信条としているこちらの有機トマトはほんのり酸味がありチーズの甘み、粒こしょうのスパイシーさがアクセントとなりお酒のあてにはぴったりでした。意外とチーズも日本酒に合いますよ。

080913_221801

080913_222401

次に、静岡は藤枝市にある杉錦(杉井酒造)このお酒は切れがあります。僕の好きなお酒ですね。今まで紹介してなかったんですね。これを機会にどんどん登場させなければと反省しております。しかし、静岡県はこの杉錦の他にも、磯自慢や高砂、開運など全国的に有名な日本酒が多し、恐るべし地域です。静岡の志太杜氏は数は少なしですがレベルの高い方が多いのでしょうね。

下のお酒は焼酎です。鹿児島は中村酒造さんの芋焼酎「上野原」です。白麹と黒麹のブレンドで作られています。飲んではいないのですが、珍しい焼酎ということで写真を撮りました。

080913_223301

080913_223401

次はこちらの名物豚味噌ですね。これを野菜をつけて食べたら美味しい!僕はいつもこれを頼んでます。これでお酒は3杯ぐらいは簡単に飲めてしまいます。

080913_223801

あと、サービスでいただいたのがなっなんと巨大サイズなエイのひれの煮付けでした。これが食べ応えがあり骨も軟骨みたいにこりこりとしてとても美味!とてもサービスでいただくような物ではありありません。珍味ですな~cat

こちらのお店ではマンボウの刺身など珍味もたくさんあります。(いつもあるとは限りません。)お刺身の盛り合わせなんかも珍しい魚で美味しいですよ!

まさに酒飲みのパラダイス!しかし、福島には名店が多いですね~。福島に住みたいのですが住んだら毎日、どこかのお店に寄ることになり破産するでしょうね。

むてんかぼう 基】

完全禁煙 
住所 : 大阪府大阪市福島区7-5-10
電話 : 06-6450-0086   
営業時間 : 17:00~24:00
休日 : 日祝
座席数 : カウンター6席/テーブル8席
最寄り駅 :JR環状線 福島駅 徒歩1分http://r.tabelog.com/osaka/A2703/A270303/27017042/

2008年10月18日 (土)

第41回常盤寄席

Image031_2

本日は第41回常盤寄席の日です。

仕事もそそくさと終わらせて行きました。

Image032_2

毎度毎度、常盤寄席主催の林家染太さんの出迎えが行われます。

同じ四国出身の染太さん、これからもどんどん頑張って有名になって欲しいですね。

Image033

常盤寄席は京阪天満橋駅近くの常盤薬局のあるビルの五階に会場があります。お囃子ありと本格的な寄席です。

今日のゲストは、相撲に詳しい桂文福師匠の四番弟子、女流噺家の桂ぽんぽ娘(こ)ちゃんです。

あと、笑いのレッドカーペットで大笑い満点の笑福亭 智之介さんが出演されるなど楽しみですね!

ではでは、今日の演目と寸評です、

桂 ぽんぽ娘 「寿限無」


ぽんぽ娘ちゃん得意のネタです。ぶりっこ口調の語りなど、既に自分の形を持ってます。末大物になりそうな予感のする女流噺家さんです。さすが鶴瓶師匠が認めてるだけはありますね。

笑福亭智之介 「寄合酒」

お笑いレッドカーペットでも大笑いのマジカル落語家 ノリに乗ってる智之介さんの何人かの個性を使い分けなければいけない難しい噺をされました。一人一人の個性がうまく出されていたかと思います。面白かったです。以前は生真面目というイメージでしたが最近はいい意味で遊びを使ってますね。

林家染太 「夢八」

いつもながら食べる噺の表情が面白いですね。
時うどんの食べかたと一緒やんと突っ込みたくなりましたが…!
愛敬のあるキャラクターはテレビ向きですね!これからも応援していきます。

あと、今日の参加者のトークショーの「ソメトーク」で裏話が聞けたり楽しい二時間でした。

Image034

智之介さんはレッドカーペットの時の衣装で来てました。サービス精神旺盛です。

病気もされて大変だったかと思いますが、ほんと彼は、明るさも失わず頑張ってますわ!

見習わないといけないですね。

Image035

かわいいぽんぽ娘(こ)ちゃんとの2ショットです。

「独身ですか~!秋で季節なんでどっかいいとこ行きませんか~」って冗談で突っ込まれましたが返せませんでした。無視してしまいまして、スイマセンwobbly

ホンと大阪人でないので、返せないのです。

まあ噺家さんと分けあいあいお話しできるのが常盤寄席のいいところですね!

2008年10月17日 (金)

尊尊我無(トゥートゥーガナシ)さん、初めてです。-尊尊我無(福島)にて

080913_190402

080913_190801

 もう随分前の話になりますが、福島の有名な居酒屋、尊尊我無(トゥートゥーガナシ)さんへ行ってきました。尊尊我無さんは、マグロが格安値段で食べられ、日本酒揃えも良く大人気のお店です。事前に予約をとらないと行けないでしょうね。

 店主の村岡さんは「日本酒卍固め」にも参加されており、前回の「日本酒ゴーアラウンド」では出店されていました。とても笑顔が良くほっこりさせる人柄の方です。こんな村岡さんのお人柄も人気の秘訣でしょうね。尊尊我無さんは、僕は始めてだったので有名日本酒ブロガーである、きゅーさん(関西日本酒事情)と日本酒大好き美人な女性のKeikopanさんと一緒に行きました。

相変わらず人が一杯、一杯!村岡さんも大忙しですね。

080913_191701

080913_192601

上はマグロの脳天のお刺身です。マグロの珍しい部位がお得な価格で食べられるんですよ。今日は料理の相性というか、各自が飲みたいお酒を気楽に飲みました。

とりビー(とりあえずビール)の後の、最初の日本酒は「奥能登の白菊」(白藤酒造店)すっきりした飲み口が見事なお酒。すっきりしているのですが味わいが深く....純米吟醸とは思えない美しいといった表現の合うお酒ですね。去年、能登の大震災から復興されたと聞いてます。頑張って欲しい蔵ですね。

080913_192602

080913_193701

料理もどんどん運ばれます。一人前が大きいですね。上はマグロの赤身の盛り合わせです。日本酒の冷酒は赤身がお似合いかと思います。赤身がダメなことはありあません。旬がありあましてきはだでも今時分、夏あたりの赤身は美味しいですよ。

下は、尊尊我無さん名物「マグロのかま焼き」です。これも大きい!しかも安い~!ほんとにえーのこの値段でっていう感じです。大勢でこんと食べ切れませで~!

080913_193801

080913_194501

次は竹泉(田治米酒造さん)。まだまだ熱いので冷酒で......。味わいが深く魚との相性もバッチグー(ふる~)です。

料理も新鮮なさんま刺しで......。あまり、さんま刺しは脂がきつくて嫌だったのですがこうして日本酒とあわせると脂っこさもとれ逆に旨みとなりサイコーです。

080913_200001

あとはどんどんとお酒を飲むべし、飲むべし!王禄(王祿酒造 島根)をいただきました。

秋に合わせて丁寧に貯蔵された秋上がりのお酒は、角がとれ芳香な香りとともに美味しいですね。

080913_201801

次もいきマッセ!なんといっても日本酒の品揃えはたくさんです。どんどん飲まないと損ですね。

僕も大好きな、不老泉(上原酒造 滋賀の高島)の純米吟醸天秤しぼりです。

重力に近い力で絞られたお酒は重厚な味!しかし、魚の旨みを殺しません。両方美味しくなるのです。改めて、日本酒って凄いお酒ですね。

こうして、尊尊我無さんでの満足な夜も更けていきました。まだまだ飲めます。

村岡さん、ありがとうございます。今後とも頑張ってくださいね~happy01

『地酒・まぐろのお店 尊尊我無(トゥートゥーガナシ)』

住所:大阪市福島区福島六丁目3-15

電話:06-6455-6555

営業:18:00~24:00(日曜、祝祭日お休み)

http://www.yamanaka-sake.jp/osusume/totouganashi/0509.htm

2008年10月14日 (火)

永澤(ようたく)寺

081013_163501_2

昨日、蕎麦打ちの試験を受けた会場前にある永澤(ようたく)寺の写真です。

試験の結果発表前に訪れてみました。秋の丹波路は落ち着けますね。お寺を見ると癒されるような感じがします。

しばし、写真でお楽しみ下さい。

081013_163601

081013_163602

081013_163701

こちらの中に入れば立派な仏像があります。さすがに暗すぎて僕の携帯では写真が撮れませんでした。

やっぱり、デジカメ必要ですな!

081013_164701

永澤(ようたく)寺の旬は、5月から7月半ばに掛けてといわれています。5月に乳母桜が見もの、6月には紫陽花、7月にはいれば水芭蕉に花菖蒲と色々な花々が出迎えてくれます。

しかし、秋には秋の侘しさの中の良さというか、何も無いところというのも建物の荘厳さが際立ちいいものですね。日本人は、景色を中心に風景を損なわないように、調和されている建築物を建てていたんですね。

081013_130101

おまけの写真です。蕎麦打ち道場へ戻り、お手洗い横をふと見てみれば、昔の蕎麦うちの道具が飾られていました。

これって結構面白くない.....carouselpony

僕は楽しめたんですけど。

さて、蕎麦打ち道場では今月25日(土)。26日(日)に新蕎麦祭りが開催されます。こちらでは300ヘクタールもの広大な蕎麦畑で収穫された三田産の地粉を使ったお蕎麦が食べれるかと思います。

お暇な方、興味がある方は是非参加下さい。