フォトアルバム

ブログペット

  • かわいがってね~!

チャンス道場

アクセス

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月10日 (水)

タイフェスティバル in OSAKA 2008 (後編)

080906_162401

タイフェスの後半です。

まだまだ、食べまっせ。しかし、お酒はもうGIVE UP!これからは、面白いものを食べたり飲んだりしようと思ってます。

そんな所に一見のフルーツ屋台が......。ラスプーチンやドラゴンフルーツ、マンゴーなどありましたが僕は、迷わず写真のこれを選びました。

そうです。ドリアンです。皆さん臭いといって敬遠されますが、最近は品種改良も進みあまり匂いもしません。これは、日本人向けに改良されたモントレーという品種でしょう。僕的にはもっと臭いほうがいいんですが......。味はと言えば、うん、旨い。カスタードプリンを上品に濃くしたような味です。人工的なものではないのであまり甘すぎずサイコーでしたね。さすがフルーツの女王です。

080906_162901

公演の真ん中の舞台ではタイ舞踊など催し物が行われています。

僕は18:00からのグラミーミニコンサートのアーティストがお目当てです。タイで有名なミュージシャンが出ておるにも関わらず無料で見れるのです。

それまで、もう少し屋台をぶらぶらしましょうか?

080906_163301

これはタイでよく売れているジュースです。菊の花のエキスで造ったジュースみたいで面白そうなので買って飲んでみました。

菊っぽい花の香りは多少するもののとても甘くて、これは少し僕も苦手ですね。

タイはスイーツ類も豊富なのですが甘さが強いものが多いようです。

080906_163601

おおう、面白いものを見つけましたよ!これは、カイコとタガメのす揚げです。よくテレビ番組の罰ゲーム食べさせられるものですが、どんな味か興味深々でしたので、タイ人のお母さんに頼みまして1個ずつ試食させてもらいました。

後方のナンプラーぽい調味液を掛けて食べればとても美味しいとのこと。

肝心の味は........?

旨いとかまずいとかの問題ではなく、油の味ばかりするといった感じですかね。カイコもタガメも中身がスカスカなので味が無いのですが、無視特有の乾いた匂いがしますね。調味液をつければ多少、匂いも無くなり食べやすくはなりますが、今度は調味料の味ばかりがします。まあ、噺のネタに食べれただけでも良かったです。

そうこうするうちに舞台ではコンサートが始まりました。

080906_172301

コンサートは、4人出ます。最初は中山美穂さんを綺麗にした感じの別嬪さん、「アーン・ザ・スター」の登場です。

それにしても凄い人気ですね。在日のタイの方も必死で声援を送ってます。当然、タイ語は「コップンクラー」しか覚えてないので分かりませんが、歌のテンポもゆっくりですし、まじめに歌っていましたのでタイの民族音楽の歌手ではないでしょうか?

日本で言う演歌みたいな感じかな~と思いますが......。

080906_173701

二番目に登場したのはスタイルがいい別嬪さん「ヤーヤーイン」です。こちらのお嬢さんの曲は分かりやすいですね~。完全なダンス付きなポップスタイルです。

テンポのいい曲とスタイルのよさを活かしたダンス、あとお茶目に日本語で「(わたし)かわいいですか?」を連発するパフォーマンスで観客もヒートアップ!

とても楽しい舞台でした。彼女は日本でも売れるでしょうね。日本ツアーもしはったらと声かけてあげたいですね。

080906_175802

こちらは、有名な作詞、作曲家兼プロデューサーの「スア・タナポン」です。日本で言えば小室 哲也さんみたいな感じでしょうか。

ハスキーなボイスで広大に歌い上げます。タイの方達はみんな知っているみたいで一緒に歌ってました。

タイでは凄い人気の歌手なんでしょうね。

こういった人気歌手が来るのもタイフェスならではです。

080906_175801

いきなり観客が握手を求め乱入と思いきや、なんのことなく握手をしてあげます。

多分、母国、タイのコンサートでは握手も出来ないでしょうね。

最後のディック・シローも見たかったんですが、都合により帰ることとなりました。しかしながら今年はタイフェスを充分満喫しました。(変わりに彦八を犠牲にしてしまいましたがcrying

来年はタイフェス、彦八がかぶることが無いようにしていただきたいですね~。(勝手な言い草で主催者の皆さん、ゴメンナサイ)

080906_182001

マイミクのogawakunさんなおたむさんの撮影!

初めてのタイフェス、どうだったでしょうか?

楽しかったですか......。

080906_183101

あたりを見回すと日も暮れ、向こう側の通天閣の明かりがとても綺麗でした。

この光のようにタイと日本、同じように料理が好き、麺が好き、モツが好き、お米が好き、カレーが好き、音楽が好き、お祭りが好きと似通った文化を持つ国々です。お互いが切磋琢磨しながら、昔の日本のような金満主義で女性を買ったりするのではなく、お互いに遊びも含めて心同士の交流が出来たらと思いました。

今日は屋台や舞台の皆さん、スタッフにシンガーのみなさんコップンクトラー!

2008年9月 9日 (火)

タイフェスティバル in OSAKA 2008 (前編)

080906_140201 しばらくお休みをいただきやっとブログをUPしました。

この土曜、日曜はイベントが盛りだくさん、仕事もしながらで働きすぎやら、遊びすぎやらで体を壊し只今、喉を痛めて声が出ない状態です。

整骨院や歯医者以外では、病院に約6年ぶりぐらいに行きました。(やっぱ、年かな~、いや、飲みすぎやって~)

そうこうする内に6日に行ったタイフェスティバルも3日たち、早くUPしなくてはと焦っており体調不良の中このブログに向かっております。文章が乱雑なのはお許しを...(いつものことや~coldsweats01)。

最初にこの6日、7日はこのタイフェスと彦八祭りと燗酒劇場が重なり、あと仕事も入ってしまい彦八祭りを断念する羽目に.....。どちらも僕にとっては重要な祭りであり、絶対参加したかっらので、非常に残念な年になりました。来年はこのタイフェスもいつも通り9月下旬にして欲しいですね。

080906_142201 このタイフェスは、タイ領事館が主催となりおこなわれているタイ国と日本の友好のために行われている日本の主要都市で行われているお祭りです。今年で6回目になりますが、ここ大阪では9月に天王寺公園で開催されています。

タイフェスティバル in Osakaの様子は

こちらですhttp://www.thaifestival.net/schedule/2008ohsaka_o.html

タイ国あげてのイベントですので屋台のレベルが非常に高いのと、お祭り、ムエタイ、ライブなどの舞台なども充実しております。

お客さんもタイの方ばかりでなく日本人も沢山、大勢見に来られている大阪だけでなく、日本の大きなお祭りの一つになりつつありますね。

今日はたくさんタイの料理を満喫しましたよ。今から紹介します。

080906_142701

これは今日一緒に参加したマイミクのCKくんが食べていたカオマンガイ。炭で丸焼きの鶏肉のライスのせです。

ナンプラーベースで作ったたれに絡めると美味しいです。ビールはプーケットビールで!

080906_142702こちらも一緒に参加したマイミクのパタ さんが食べていた、とりそぼろのバジル炒めのライス添え!

ハーブの香りと癖がよくて旨いっす。

やはり大阪は日本でも湿気の高くて熱帯気候なのでタイ料理が良く合うのかも.....。

080906_142703

僕は台風ソーセージを頼みました。タイは豚肉料理も盛んで肉が一杯なのをじっくりと炭火で焼いたソーセージは肉汁が半端じゃなく美味しいですね。

何故かこれにナンプラーとかつけても良く合い旨みがUPするんですね。

080906_143201

屋台では大阪でも有名なタイ料理店も参加されています。

こちらは本町にある「麦酒(ばくしゅ)食堂」さんの前を通ると......。

080906_143501

元気のいいお姉さんの呼び込みに合いまして、麦酒食堂さんで、何点か買うことに決めました。

お姉さんの了解を得て写真を撮りましたが、またまたお名前を聞くのを忘れてしまいました。

しかし、彼女は麦酒食堂のスタッフではなく、お客さんとのこと。今日はお手伝いです。

また、麦酒食堂さんお伺いさせていただきますね!

080906_143702

麦酒食堂で購一点目は、特製グリーンカレー、ゲーンペッです。

ハーブも数種類使い、コクがありスッキリしていゃ~よか、よか、旨いです。

さっきから美味しいやら、旨いばかり連発してますがそれしか言葉が出ません。

080906_143701

こちらも麦酒食堂さんで買った二点目のパットキーマオ。

パッタイと違い、平麺でてんめんじゃんみたいな甘辛い醤油だれで全体に味がつけられている、焼きそばです。中国から影響のあるものなのか、タイっぽくないですが、面白い料理でした。

080906_145201

麦酒食堂を出て、ある人気のある屋台の前で足が止まりました。

豚の内臓が生のままたくさん置いてあります。

どうやら、これの煮込みを食べさせてもらえるお店です。

注文したらお店の人が豚のモツを少し茹でてくれて分けてくれました。臭みがなく美味しいかったですね~!

080906_145601

こちらの内臓を前種類茹でて、フォーのラーメンの具材として使用します。なんて、贅沢なラーメンでしょうか。楽しみです。

080906_145602

こちらはフォーや内臓を茹でたりラーメンのスープとして使うための元たれです。

大根が入ったりして日本のおでんみたいですわ。

080906_145901

出来上がったラーメンにはこちらのハーブを自分でちぎって入れたり、ナンプラーや揚げみたいなモノも好きなだけ入れられます。

僕の故郷の香川の讃岐うどんのセルフのお店みたいですね。讃岐うどんもねぎや揚げ玉も自分で調節していれられます。こうしてみると麺の食べかたって世界共通なのかも.....。

080906_150001

出来ました。富山の黒ラーメン風のものが......。

隣のタイ出身の奥さんに名前を聞いたのですが残念ながら忘れてしまいました。タイでは屋台で良く食べれるそうです。

しかもこのスープの隠し味は豚の血です。これが濃くが出て旨い。モツは新鮮臭みがなくサイコーです。フォーも旨くスープとマッチ!贅沢なラーメンです。

080906_152601_2

こちらも一緒に参加したなおたむさん。

本人の希望通りハートマークで参戦してもらいました。

パッタイを美味しそうにほお張っています。

080906_152801

ビールはチャングにチェンジ(洒落ではありませぬ)

お酒類も豊富なのもこのお祭りの特色です。

プーケットもさっぱりしてましたが、このチャングはもっとあっさりしてます。

暑い土地柄ほど、ビールもあっさりしている様に思えるのですがいかがでしょうか....。

080906_153201_2

タイ風チマキも食べます。当たり前かも知れませんがタイ米もタイ米専用のもち米があるんですよ。

080906_160601

結構、お酒も食べ物も大量に摂取しましたのでしばスイーツへ.....。

これは、タピオカとくわいを甘くしたものが入っているココナッツジュース。

美味しいんですが。甘いココナッツをこれでもかという甘い糖蜜で割っているので美味しいんですが甘ったるい。僕は一口で止めて、あとはぱた姉さんにあげました。

これにてタイフェス前編は終わりですがまだまだ食べ道中は続きます。残りの後編も、宜しくお願いします。

2008年9月 2日 (火)

酒飲みの宝石箱な町、鶴橋(後)ー居酒屋「げんき」にて

大好評(どこがや~?coldsweats01?)の鶴橋パトロールも今回の最終回!

最後の参加者である「べこ」さんと「なおたむ」さんと合流し、鶴橋の名居酒屋(最後はポン酒が飲みた~い)という僕の勝手な希望で「げんき」さんに連れて行ってもらいました。しかし、酒恋さんホント、よう知ってますね~!

080830_192601

すんません。お店の外側撮るの忘れてましたわ~!酔いが回ってきたようです。

JRと近鉄の間の焼肉街の中にひっそりとたたずむ居酒屋。1階はカウンターのみですが、二階へあがれば座敷席があります。それも掘りごたつ式で.....。僕のように腰が悪いもんにとっては、掘りごたつはありがたいですね。

しかし、賑やかな鶴橋の中にもこのお店の様に落ち着ける所があるなんて、飲んだり食べたりすることならなんでも揃う街ですね。

080830_192701

何故か障子にはメニューやら何かがぺたぺた貼り付けられています。

こちらの大きいダンボールも店名に、焼酎、熱燗の文字が...。失礼ながら一体何を目的として作成されたのかは、不明ですが?

右は「こーちゃん」さん、左は「あゆみん」さんです。あゆみんさんは「彦八祭り」のお茶子クイーンコンテストに参加されます。(9月7日(日)生玉神社にて、15:00~)

時間のある方は是非、応援しに行ってあげてくださいね。

080830_194801_2

またまた、まゆまゆさんの登場です!今度は元坂酒造さんの「酒屋八兵衛」(何かうっかりはちべいと言いそうですが......。何のこっちゃcoldsweats01)の本醸造を抱いてます。

意外と冷がいけます。アル添も無理なくされており、アル添特有のべたべたした甘さはない美味しいお酒でした。酒恋さん、マーキーさんといった酒名人の方も誉められてました。

魚系の多い居酒屋では一本おかれるといいかもしれませんね。やはりいい蔵元さんは、本醸造でもいいものを作られるんですね。

あと、このお店の純米酒である山形の「竹の鶴」があるんですが、また撮り忘れてしまいました。もう、こうなれば本来のパトロールの趣旨を忘れて宴会状態です。しかし、みんなお酒強いな~wobbly

080830_195401

お造りの盛り合わせ。この写真からは分かりにくいのですが一皿結構、大きいですよ。ハモ、たい、いか、あじと夏が旬な魚がたくさん!

これが、多分三皿ぐらいあったかな~?もう、酔い気味なので記憶も曖昧です。

しかし、チェーンの居酒屋の冷凍な魚と比べると断然美味しいです。新鮮さが違うし、きっちり旬な魚がでております。げんきさんの心粋を感じますね~。

080830_201801

あっそうや!この、刺身盛り合わせは岩牡蠣がついてるんです。

大きい岩牡蠣も旬!僕も酒恋さんの会等で色々食べてきましたがまさか、鶴橋の庶民的なお店で岩牡蠣が食べられるとは思いませんでした。

いやぁ~、毎回、ワンパターンな台詞ですが、日本酒と良く合います。

080830_201901

こちらは名前を忘れましたが、ジャガイモのチーズボール揚げです。とても大きくてボリュームがありあます。庶民的なお店はこういうオリジナルを食べれるのが楽しいですね。

こうしてワイワイ賑やかと鶴橋の楽しい夜が過ぎていきました。

一応10時過ぎに解散。総時間6時間強にもわたる鶴橋パトロール第一回(としておきましょう?)は無事、解散となりました。

が、解散後も酒恋さん、マーキーさんはおしゃれなイングリッシュパブへ行った等、情報が流れてます。まだまだ皆さんにとってのパトロールは充分ではないとのこと。たくさんの鶴橋のお店を調べるには、もっともっと時間がかかるでしょう。しかし、これは言えることが解明できました。「鶴橋は、酒飲みにとって宝石箱な街である。」

本日は、マーキーさん、こーちゃんさん、べこさん、まゆまゆさん、あゆみんさん、プラフさん、にゃんこさん、なおたむさん お疲れさまです。

最後に、酒恋さん。案内人役、ありがとうございました。酒恋さんのおかげで鶴橋の素晴らしさを肌で感じることが出来、有意義な一日でした。この場をお借りしまして御礼申し上げます<m(__)m>

2008年9月 1日 (月)

酒飲みの宝石箱な町、鶴橋(中)ー串焼きの名店「T」にて

僕がよく使う言葉の【パトロール】は、元々は杉本商店さんが天満のお店を開拓される時に使っていた言葉で略語して【天パ】と言われてました。企画自体も、僕のオリジナルではなく杉本商店さんがされていたのを了解いただいて、変わりに行動しているだけなのです。天パの様子はこちらです。⇒http://blog.livedoor.jp/sakemado/archives/2008-03.html#20080313

ですから、杉本商店さんにこのパトロール結果を報告し、また一緒に飲みにいかなければいけません。

と、いうことでお好み焼き「まる福」さんを出たあと、僕の希望で串焼き屋さんへ行くことになりました。

何故、串焼きにしたのかと言うと、焼肉では脂がきつ過ぎる。30代半ば(四捨五入では40代)の体には重たいです。しかし肉は食べたい!油の落ちた串焼きなら、ちょっとずつ食べられていいんではないかと思いリクエストした次第です。

途中、鶴橋駅まで戻り、後発組みのこーちゃんさん、プラフさん、にゃんこさんと合流。すぐ後から来られる「マーキー」さんを合わすと8人の大所帯に........。

当初は「串八珍」さんを目指していたのですが、こないだ魔法のレストランで紹介されたみたいで、人が一杯!あふれています。

こんな時でも、鶴橋を庭としています酒恋さんはあわてずに次のお店に....。JRから道路渡ってすぐのところにある、串焼きホルモンの「T」さんです。この店が凄い。僕の中のホルモンの概念が変えられたといっても過言なぐらい、すごいおみせでした。お店の希望で紹介や写真載せは、できません。残念ですが、直接僕に聞いてくださいねhappy01

僕が、マーキーさんを迎えにいってお店に戻ると皆さん、席について既に注文、いやこのお店では注文ではなく焼き物はSTOPが掛かるまで出てくるのです。(生ものは注文OKです。)新鮮なホルモンは油が良く落ちさっぱりして旨いです。ハラミ、ミノ、軟骨、てっちゃん、赤せんなど部位の名前は分かりませんが、おばちゃんが黙々と焼いてくれます。またタレも美味しい!少し甘めのタレにコチジャン風の韓国の赤味噌がのっており2種類、もしくは両方、タレなしなど4種類の食べ方が出来ます。もっと驚くべきは、ここの生ぎも。串に刺さって出てくるんですが本当に臭みがなく無味無臭に近いぐらいでした。綺麗な真っ赤色していました。それと子袋(牛の子宮)の生はビックリするぐらい美味しかった。ゴマとゴマ油、酢で味付けられた子袋も新鮮で無味無臭で酢の味のみ。しかし、コリコリとした食感がサイコー。こちらでも遠慮なく、意地汚くガツガツ食べてしまいました。

ビールもすすむくんです。この新鮮な生ものは日本酒も合いますね。日本酒を飲んでる人もいました。正直、今までは、ホルモン、串焼きはどんなに新鮮なものでも所詮、焼肉の代用品でしかありえない、多少臭みがあるものだと思っていました。(ホルモン、串焼き等に詳しい方、お肉関係者の方が読まれてましたら、申し訳ございません。)が、このお店でその考え方が吹き飛んでしまいました。お店の人が、どの様なお肉を使い、下ごしらえをされているか皆目、見当がつきませんが、ただ一つ言えることは、本物のホルモンは美味しい、焼くだけでなく、魚のように生で食べても素晴らしい料理だということです。旨みも強いですし、マーキーさんが言っておられましたが、酸の強い日本酒と合わせられるんじゃないかと思いますね~!

また、行きたい!絶対行きたいお店の一つとなりました。8時前に最後の参加者の「べこ」さんと「なおたむ」さんが待っていますので、泣く泣くでることになりました。残念でした。

よ~し、今度は一人でいくぞ!ゆっくり食べてみたいお店ですね。しかし、人が後にも待っておられるんでそんなに、ゆっくり出来ないのですが..........。

今回は写真なしの文章のみでした。僕の拙い文章では表現しきれません。お許しいただきたいのとこのお店のこと聞いてください~!お話しさせていただきます。

次回はいよいよ今回の鶴パ最後です。また見てくださいね~sign03