フォトアルバム

ブログペット

  • かわいがってね~!

チャンス道場

アクセス

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

お知らせです!

今日、関西どっとコムより完全移行が終了し、7月21日以前の内容も見れるようになりました。もう、以前の記事を見るのに、前のアドレスは必要ございません。

 引き続き「男の美酒学」をよろしくお願いします<m(__)m>

 しかし、カテゴリーの訂正など、やることが一杯です。皆様には見苦しい点が多々あるかと思いますがご了承下さい。少~しずつ直しますわ。暖かく見守ってやってください。あと、「たかPこんな記事を載せて~!」コメントも受け付けますよ!皆様の意見も取り入れて、少しずつこのブログを進化させていきたいですね。

(●^o^●)/

では、せっかくですので久々の落語会情報、行きます!

第3回 難波神社寄席

8月3日(日)   午後2時開演

御堂筋・難波神社(地下鉄心斎橋3番

林家 卯三郎「阿弥陀池」
桂 つく枝「宿替え」
桂 文喬「次の御用日」
笑福亭 仁智「スタディベースボール」

前売1,500円  当日2,000円

予約・問い合わせ/上方落語笑店 ℡06-4392-3553

僕がお勧めの笑福亭 仁智 師匠も出演されています。面白そうですね!仁智師匠の噺はサイコーです。

当日は僕も参加予定ですよ~・ではでは、お会いしましたらよろしく~!

「上方落語協会」落語会情報 http://www.kamigatarakugo.jp/info/2008/08/

2008年7月30日 (水)

蕎麦打ち初段への道ーチャレンジNO.1

080727_120501 本日は月一恒例の寝屋川蕎麦打ち塾の日です。本日より蕎麦打ち初段の試験対策で初段に受かるべく時間を計ります。

外は、照りつける太陽で現在の気温が38℃を越してます。うだるような暑さで息をするのも苦しいくらいです。今日は直前に仕事が入ってしまい遅刻気味ーあちゃ~五分の遅刻です。

そうでなくても水廻しを失敗ばかりしてナーバスになっている所、この暑さや遅刻で、恥ずかしながら教室へ行くのも嫌になりかけになりましたがこのブログで試験を受ける宣言をしている以上、逃げれません。なんとか教室までたどり着きました。

080727_120901

教室に入れば、既に見本打ちが始まっていました。今日の見本打ちは見慣れない女性の方が......。塾生の皆さんが全員集まってみておられます。

普段は全員見ることはありません。どんな凄い人が打たれてるのかと思いきや.......。

080727_121201 現、第11回関西素人そば打ち名人2007年度、現在の蕎麦打ち名人の「野村 豊美」さんです。説明はご主人さんがされていました。

http://www.sinanoya.com/school/index.html素人名人とはいえ、プロのお蕎麦やさん顔負けの腕であることは確かです。

以前紹介した塾長でもある「木村 敏明」さんは第2回のそば打ち名人です。

蕎麦の打ち方には答えがなく千人十色です。木村塾長も凄かったのですが、現名人の野村さんの打ち方を見て学ぼうと塾生一人ひとりが真剣に見ています。息を呑む音まで聞こえてくるようでした。その中で名人は黙々と作業を続けます。

080727_121801 さすが、名人!無駄のない動きで女性らしく丁寧な作り方でした。今日みたいな暑く、クーラーのかかっている部屋はとても乾燥しています。しかし野村さんはそういうハンディを感じさせず黙々と作業しておられました。汗も落とさない様、タオルで顔を何度もぬぐってます。そうです。お蕎麦は食べ物なので、汗を落とすと大きなマイナスとなるのです。

しかも、野村さんは女性なのでどうしても男性よりもは力がないはずですので多少ハンディとなるはずです。しかしながら、ルールは男性、女性関係なく同一です。全く、厳しいスポーツですね。

080727_122001 おっ~と、先程蕎麦打ちをスポーツと言ってしまいましたが、僕は調理じゃなく、スポーツ=競技だと思っているんですよ。

技、精神的なタフさ、集中力、体力、優雅さ、道徳(マナー)などが要求されるゴルフにも通じるスポーツですね。

そんなことを思ううちに作業は水廻し、練り、延しの作業へと進みます。無駄のない作業は素晴らしいの一言です。

080727_122401 延しがぴたっと計ったように正確で均一です。分かりにくいですが野村さんの様に四角で均一な厚さに作ることがいかに難しいことか.........。

今日の粉、乾燥具合の状態なら多少ぶれる(野村さん、ごめんなさいcoldsweats01)かなと思いましたが、全然、関係なく素晴らしい出来ですね。

080727_122601 もう、切る手前の作業です。打ち粉(はな粉)をふりくっつけかないようにします。これを折り曲げて切るのです。

蕎麦打ちの工程は、何度も言いますが口では簡単に説明できます。「混ぜて(混ぜて)⇒練って(菊練り)⇒伸ばす(延す)⇒切る」たったこれだけの工程ですが、作るのは大変難しいのです。

080727_122901

蕎麦を切っていきます。とんとんという小気味よい音が聞こえます。蕎麦切りは、タイミングです。何本切れば何グラムか把握しておくことが必要です。

080727_123401 野村さんは、大体40回~45回ほどの間で切ってました。太さがマッチ棒程でしたので、大体2人前240グラムばかりじゃないでしょうか?

太さは大体2ミリといわれますが太いのが好きな人は太くても構いません。茹でムラが出ない様に均一にすることが大事なのです。

しかも野村さんは殆どかすが出ません。かすが出ないことによりより正確な蕎麦の量になり無駄になりません。下手な人程、かすが出てくるのです。ほんと「素晴らしい!」の一言に尽きます.......。凄すぎでした。野村さん、素晴らしい見本打ちありがとうございました。

080727_125901 次は僕達、塾生の練習が始まりました。初段組みのブースで練習です。3人一組でしたので、最後に打たせてもらうことにしました。水の分量、水回しに自信がないので他の人の量などを見て観察します。

初段は700グラム(約10人前)の二八蕎麦が課題です。40分以内にうち終えないといけません(片付けも入れて)

こちらは塾生のKMさんの水回しです。綺麗に水が回ってますね。

080727_131701 KMさん練習風景写真取らさせていただきましてスイマセン。何しろ、自分の練習風景は取れないもんで(当たり前ですが....。)

水廻しが良く出来ており、お蕎麦は美味しかったですよ!

080727_143301 いよいよ、僕の番です。今回は、結論からいうと左の写真の出来栄えでしたが、1時間もかかってしまいました。1時間も掛かると蕎麦も乾燥して美味しくなくなります。

やはり水廻し、最初の1段階目が苦手みたいで家で特訓しないといけませんね。まあ、しかし今回は麺体になってくれましたので多少自信は回復。次回は水回しがきっちりと出来る様にしたいですね。水回しがうまく出来ると生地も伸ばしやすくなります。何事も最初が肝心ですね。

080727_144401 最後は皆さんの作った蕎麦を持ち寄り試食タイム。

楽しいですが、怖い一時ですね......。自分のがまずかったらどうしようかと思います。(実際はそこまでひどいものは、ありませんよ....先生がきちんと指導されますので。)

なにわともあれ今日の練習が終わりました。今日の練習で出来るところと出来ないところが、はっきりしました。大収穫です。あと2ヶ月たらずで修正していきましょう(しないといけませんがね)。

080727_121401 こちらの蕎麦打ち塾のそば粉は信濃屋そば製粉㈱の士幌産の地粉を使われているそうです。

蕎麦の味がするいい粉ですね。いい粉を生徒さんに使って欲しいということなのでしょう。この蕎麦打ちは、自分ひとりだけでは、なく木村塾長を始め先生方の熱い気持ち、あと日本酒仲間でもあり蕎麦打ちの大先輩ITさん(いつも塾の帰りは車で僕を送っていただいております。このブログからお礼申しあげさせていただきます。本当にありがとうございます。)、の優しい気持ち、その他大勢の蕎麦の関係な方によって支えられてます。 必ず、頑張らないといけないです。

080628_190201 家に帰れば一尺八寸の新しいこね鉢がきていました。

これにて練習もたくさんできます。

2008年7月26日 (土)

素晴らしいチロリ と 感謝

080726_144001 こちらは、先のBBQで酒恋さんにお願いして買っていただいた酒半さんの錫のチロリの一式セットです。

酒恋さんが瓢箪山のリサイクルショップで山源のチロリを購入されたのを聞き、僕にもと無理にお願いしたものです。

080726_144002 酒恋さんの奥様がそのリサイクルショップで見られた時に機転を利かせて買っていただたそうです。

お願いした時にいつ出回るか分からないので、多分定期的にお店で見ていただいたのだと思います。

見れば見るほどいいチロリですね。

080726_144101 酒恋さん、奥様ありがとうございます。感謝の言葉では言い尽くせない程です。

気持の詰まったチロリで飲んだお酒は本当に美味しかったです。お酒もいつもよりやわらかい優しさという隠し味を含んでいました。

サイコーno BBQ in 空庭 

新しくブログeonetさんに変わってからブログ記事UPするのに悪戦苦闘しております。特に写真の掲載、コマワリが何故かうまくいきません。

あと、以前よりもブログ全体が寂しく感じになったとの意見が多いのですが、改良には時間がかかるかと思います。もともと機械音痴なので、暖かく見守ってください。あとどなたかブログに詳しい方は操作方法なぞ教えていただけると助かるのですが.....。

本日はあこがれの「ご飯の前に、ポン酒で一献」で有名なブログの先輩、酒恋倭人さんよりBBQのお誘いがありましたので有無を言わず参加させていただきました。酒恋さんは、マイミクさん、職場の方、高校の同僚などとともにこの様な会を時々されておられるようです。魚柄先生の会といい精力的かつ、その人脈の広さには驚かされます。そんな、酒恋さんの会だから行かないわけには、行けませんね!

080724_182801 本日は、マイミクかつ自宅の近所のショットバーでよく会う、さかもっちゃんと一緒に参戦させていただきました。

場所は、そうあの落着ける都会のオアシス空間、谷四にある「空庭」さんです。

過去の空庭さんの記事はコチラ⇒①http://blog.kansai.com/takaPnobichan/37 ②http://blog.kansai.com/takaPnobichan/38

080724_184001 空庭さんに入ると皆さんが料理の準備に追われています。机の上には盛り付けてある料理が......。しかも美味しそうなささみのこぶ締めやホタテ、貝の紐など,鳥肝のゴマ油あえなど沢山揃います。

参加者の方が北海道で調達したものも揃うみたいです。楽しみですね。

肝心のBBQは上の屋上で焼き方さんが焼いておられます。

080724_183701 乾杯は魚柄先生の会で社長ご夫妻と知り合いになりましたナギサビールで乾杯です。実はナギサビールも初めてで(真鍋社長さんスイマセンsweat01)このビールを飲むのも楽しみでした。

乾杯はナギサビールで!コクがあるのに麦の味、ホップは少し抑え気味ですがごくごく飲め後味も悪くない、BBQにはぴったりのビールです。美味しくて、遠慮なしに何杯もおかわりしてしまいました。

080724_184601 皆さん飲みつつ、焼きつつ大変です。僕達は、何の準備もなしで、お手伝いもできずに、食べ飲み専門になってしまいました。色々とお世話になり、お手数をおかけしましたので、この場を借りまして、皆様に御礼を申し上げます。

皆様、ありがとうございました。次回は準備、お手伝いに出来るだけ参加させていただきますので今後とも宜しくお願いします。

手前のリストバンドされている方は美章園の有名な名居酒屋「時代屋」さんのマスターです。色々な方とお知り合いになれるのもお酒の会の魅力ですね。

080724_184701ナギサビールの次に出た飲み物はやはり日本酒です。こちらは埼玉の清水酒造さん「亀甲花菱(きっこうはなびし)」特別純米生原酒 強活性にごりです。こちらのお酒も楽しみで参加させていただきました。酒恋さん曰く、このお酒は、関西ではなかなか手に入らないとのこと。

吹きだし注意の文字が強力な発砲を感じさせます。普通に開けてはいけませんよ。

080724_184702_2

普通に開けると爆発したみたいに吹きこぼれます。

後ろにピンがありますがこれを蓋の上からさして少しずつ空気を逃していくのです。

活性花菱の開栓の仕方はコチラ⇒http://www.cablenet.ne.jp/~kamioka/a1hanabishi-kattsei-kaisen.htm

080724_184901_2

酒恋さんが開けていただきました。手馴れてますね。空気の逃すのに時間がかかります。約15分程かかったのではないかと思います。白く濁ったお酒は普通の濁り酒と違い甘みが少なく米の味を感じながらの切れた辛口の飲み口でした。正直美味しいと思いましたね。魚介類とも良く合います。発砲も外に良く出していますので程よい炭酸具合、むしろ通常に濁り酒より少ないぐらいだったと思いました。さすが酒恋さんお勧めの感動の美味しさのお酒でした。

080724_185101

こちらも酒恋さんのお手製の鳥肝の刺身です。以前、ブログ、ミクシイ等で紹介されていましたので一回食べてみたいと思ってました。新鮮な刺身は臭みが、全然なくごま油が邪魔をしないアクセントとなりビールやお酒のいいお供になります。

080724_185102 最初に紹介しました、こちらも酒恋さんお手製のホタテの貝柱の刺身、貝の紐、鳥のこぶ締めなどです。特にささみのこぶ締めは、鳥肝と同じくブログ、ミクシイで紹介してされており食べてみたかったメニューです。こぶによりささみが程よく締まり、ほんのりとしたこぶの下味がいい感じです。

う~ん、とても勉強になりますね。家でもやってみようっと~dog

080724_185301

こちらは山ちゃんさんが、北海道より直売で仕入れてこられましたバイ貝です。屋上より焼き方さんが次々と持ってきていただきます。ありあがとうございます。しかも、他の皆さんが身まで取っていただき何から何までしていただいて恐縮です。

北海道産直売のバイ貝は身も大きく旨みの濃い味で強いお酒に合いそうです。

080724_185601

こちらも山ちゃんさんが持ってこられました。ホタテです。やまちゃんさん、ありがとうございました。

直売のホタテは身がふくっらしてて、厚いし、大きいですね。紐とか肝も楽しめます。ほんのりした磯の香りがお酒を欲しい気分にさせます。

こちら、すばらしい魚介のあと登場したお酒は........?

080724_185701

                        080724_185702

広島の旭鳳酒造さんの「旭鳳(きょくほう)」純米、八反錦(はったんにしき)です。非常に酸の強いお酒ですね。酸が強いとくどいお酒もあるのですがこのお酒は後口がとても良かったです。きれているお酒ですね。これならチーズとか洋風な料理にも合うでしょう。

会に参加すると自分の飲んだ事の無いお酒に出会うのでいつも楽しみです。

080724_190101 先程、旭鳳にチーズが合うといいましたがでました。時代屋マスターお手製のスモークチーズと鴨です。

燻製具合が絶妙でした。贅沢にチーズと鴨を合わせて食べました。チーズのコクと鴨の旨みが合わさり贅沢な食べ方で美味かったです。

旭鳳に良く合い相乗効果でどちらも更に美味しくなりました。

080724_190801 まだまだ料理は出てきます。こちらも山ちゃんさんのイカ、たらば蟹の贅沢BBQです。魚介類もBBQすれば炭火効果で美味しくなります。

しかも蟹、大きいですよ!一本でも充分です。しかし美味しいですね。

酒恋さんも言ってましたがこれだけの食材、食べにいけば福沢さんもんですね。会費が〇〇千円はお得すぎます。

080724_192601 こちらも山ちゃんさんが持ってこられましたほっけです。僕的にはコチラに驚かされました。何しろサイズがデカイ!身がホクホク、皮がぱりぱりこんな美味しいほっけは初めてでした。これに大根おろしをのせるともう言葉にならんぐらいのバリうまです。もう丁寧な言葉はいりません。言葉では表現できないのですから.......。

う~ん、北海道にも行きたくなりましたわcancer

080724_202701 こちらは、楽遊暮さんが採ってこられました。あわびです。僕も以前は夏この時期に、日本海へ素もぐりで(漁業組合の許可を取ってですよ)採りにいったことがありますがあわびは深くもぐらないといけませんし岩に張り付いていますので大変です。あわびの刺身だけでも美味しいのに肝につけて食べる贅沢さです。

楽遊暮さんありがとうございます。あんまりお話出来ませんでスイマセンでした。

正直、結構お酒も入っていて酒恋さん渾身の秋田産 岩がきや、楽遊暮さんのサザエのつぼ焼き風、お肉など肝心の写真が無くてスイマセン。すべて素晴らしく美味しかったのに、にわかブロガーなんですが、ブロガーとしては失格ですね。今回主催だったため酒恋さんのブログ記事がなく参加者の中には僕のブログを見られる方もおられると思うのですがご了承下さい。

岩がきの写真は酒恋さんブログでご確認下さい。コチラ⇒http://syudouraku-kobayasi.cocolog-nifty.com/blog/

080724_191001 屋上では、いーぴんさんはじめ焼き方お手伝いの方のも活躍されてます。おかげ様で美味しい料理を沢山食べることが出来ました。

いつも言っておりますが、お酒の会に参加するのは、料理、お酒を楽しむのも ありますが知らない方同士の中でお互い楽しい空間を作ろうとしたり気遣いする中で、知らず知らず自分もやさしい気持になれるのが心地よくて参加しているのかも知れません。もしかするとそういう気遣い、気持が料理、お酒を美味しくする隠し味なのでしょうね。

改めまして、酒恋さんや白雪さん、お話いただきました皆様ありがとうございました。

最後にいつも素晴らしい場所で居心地のいい「空庭」さんありがとうございました。

2008年7月25日 (金)

今日は天神さん!

080725_192801 今日は大阪名物天神祭りの二日目、宵宮(よいみや)の日。会社を出ると花火の音がなっていました。天満橋駅付近には、人がいっぱいで帰宅するのにも一苦労!。

こうなったら、花火でも見てからゆっくり帰ろう~catface

080725_193001 着物姿の女の子やカップルでいっぱい。男が一人で屋台へ行ってもつまらないので、土佐堀と折を京橋方面に向かい、日本経済新聞社あたりで花火を見ることにしました。

080725_193401 花火が結構見えます。大正解ですね!近くへ行ってもビルの影などに隠れてなかなか見えません!

今日だけは道で缶ビールの見ながら歩いても恥ずかしくありません。天神祭りが始まり、終わると大阪の夏も本番を迎えることになります。

2008年7月24日 (木)

うだり猫

080724_061001 暑い日が続きますね。晩は寝苦しい、しかしクーラーをつかえば体調崩すし.....。仕方なく熱くてもがまんがまん。大抵は、朝方午前4時頃、目が覚めてしまいます。catface何か中途半端なときに目が覚めてしまい寝不足気味です。

左はうちの子のりゅうちゃんです。猫も熱いんですね。家全体で寝返りをうっています。

080724_061002 

おおっと、気づかれてしまいました。そばを通ると蟻地獄みたいに突然襲って、噛み付いてきます。暗闇だと分からないのです。

080724_063201 

今度は別の部屋で寝返りをうって寝ています。たんすの中やテレビの裏、ハンガーの服の下などその日の気分で寝場所を変えるみたいです。

080724_063501 

角度を変えてみるとこんな感じで寝ています。

080724_064001 ああ、また大また開き。こんなおちゃめなりゅうちゃんですが現在、病人ならぬ病猫です。

食欲がなくなり、カリウムの数値が足りなくなり死にそうになりました。数回入院もして点滴もうちました。今はカリウムの薬を飲ませ、1日3回以上無理やり食べさせて健康を保ってる状態です。玉造の動物専門の検査病院で病理検査もしましたが、どこも異常がなく原因が分からずじまいでした。飼い猫がよく悪くする、腎臓、肝臓にも異常がないのです。

どなたか、彼の症状が分かりましたら教えてもらえませんでしょうか?どんな情報でもありがたいのです。彼はうちの家族ですのでできるだけのことをしてあげたいと思ってますのでよろしくお願いします。

2008年7月23日 (水)

健康は歯から~ 天満橋 湯浅歯科さんにて

僕の毎月の習慣ですが月に一回は歯医者へ行くことにしてます。歯医者が苦手な方には、「そんなに歯医者へ行ってこの人マゾなんじゃない?」かと思われるかも知れませんが、毎月治療に行ってる訳でなく、虫歯の点検、歯の磨き方のチェック、歯垢除去、合わせてジェットクリーニングによる細かい汚れを除去、掃除してもらいに通ってます。

虫歯がなければ15分ぐらいで終わり、早いものです。

やはり、「男の美酒学」を目指すものなら、食事の美味い、まずいと言うよりも、まず自分の口自体から綺麗にせねばいけないと思っております....。歯医者行ったすぐ後は、ご飯がとても美味しく感じますよ。これ本当です.restaurant

080723_121101 さて、僕が行っているのは会社近くの天満橋の「湯浅歯科」さんです。会社から近いのでお昼休みでも行けます。

最初は会社から近いという理由だけで入ったのですが先生が親切なのとジェットクリーニングなど最新の機械があるのを気に入りもう3~4年くらいは通っていますね。

080723_122701 中は、清潔でセンスの良い部屋です。ソファもありますが、完全予約制ですのでほとんど待つことはありません。待つとすれば僕が遅れたりして時間調節がおかしくなった時ぐらいですね!そんな時でも親切にしてくれます。今後はなるべく時間の変更が無いようにしますね。

080723_122502 病院内はこじんまりしていますがスタッフの方もわきあいあいとされておりますし、空気洗浄器などで美味しい空気がすえ、ちょっとした癒し空間です。そうこうする間に治療が始まります。丁寧なチェックのあと歯垢除去、がりがり!最近は慣れましたが、少し嫌ですね。しかし現代は色々な添加物など食べたり飲んだりしますので通常の歯磨きでは、取れない歯垢もあります。歯垢がたまらないうちの予防が一番大切ですよ。

080723_122501 先生でもあり院長の湯浅 直樹さんです。ブログに掲載させてくださいとお願いしたところ、快く承諾していただきました。

美味しく飲んだり食べたり出来て、健康的でいたいと思ったらお口の中が一番健康でないといけません。口の中が不衛生だと本末転倒ですね。

先生、いつもご丁寧な診療ありがとうございます。今後とも、宜しくお願いします。あと、このブログを先生にも見ていただけるとのことです。が、評価が少し怖いですね......。(先生は全然、怖くないのであしからず。)

また、どこの歯医者さんにしようかなぁ~とか思われている方は、是非天満橋の「湯浅歯科」さんへお伺い下さい。受付で「男の美酒学見て来ました~。」と行っていただけましたら先生とよりフレンドリーになって治療を受けられるかもしれません.......sign02

 とにかく健康には歯が大事!タバコのヤニ等で汚れてる方もこちらで治療されますと結構綺麗になりますよ。

余談ですが素でブログ掲載の申し込みって勇気いりますね。断られたらどうしようかと思ったりしてしまって...。お酒飲んで酔ってたらいとも簡単に声かけられるんですが......。

「湯浅歯科医院」

院長 湯浅 直樹

住所 大阪府大阪市中央区天満橋京町2-10

電話番号  06-6946-8241

FAX     06-6946-8241

     http://www.soics.com/yuasa.html

2008年7月22日 (火)

たにしさんが大阪へ②ー現代の遊郭で日本酒を.....? ビューティーバーにて

江戸幸さんを出た後もまだまだ飲みマッセ!というか、たにしさんも大阪へ遊びには来られたものの色々なお店を見てみたいという要望で最近、人気沸騰中のビュティーバーへ行きました。二人とも江戸幸さんのホッピー飲みすぎでフラフラwobbly 大丈夫かなぁ~。

080718_212401_3 ビューティーバーさんは天五中崎商店街のアーケードより北へ、民家の中に埋れている 和雑貨、 カフェ・バーなんですが夜は店主の趣味で日本酒が飲めると聞いております。

前から一度、行きたかったお店です。看板がかわいいですね....。

080718_212501 お店ははっきり言いまして分かりにくい....。だって他のふるーい民家と変わらないんですもの。しかしながら古いながらもおしゃれなたたずまいの家が多いかったですね。隣の喫茶店でビューティーバーさんの確認をしました。引き戸を開ければ......。

080718_212802 そこは、江戸から昭和初期にかけての遊郭を思わすような幻想的な世界に早変わりしました。番台に赤で統一された部屋。遊女が着ていたと思われる艶やかな着物!まるで谷崎潤一郎の小説に出てくるようなサイケな世界だと思いましたね!

   080718_212901 080718_212801_3

椅子はなく靴を脱ぎすわって飲食を楽しみます。

080718_213001 さあ、お酒を頼みましょうか!そうですこちらは、 冒頭でも紹介したとおり日本酒のお店なのです。たにしさんは左の滋賀の畑酒造さんののお酒の「大治郎」純米吟醸を僕は和歌山は海南にあるその名も名手酒造店さんの銘酒(洒落じゃありませんよsign01「黒牛」こちらも純米吟醸をいただきます。                 080718_213002_3

 黒牛は重量感とこくがありながらぐいぐい飲めるお酒です。(飲みすぎや~angry)先程は全部、ホッピーばかりだったので他のお酒がより一層、美味しく感じるのかも知れませんが良かったですね。だんだん飲むに連れて部屋模様にも慣れてきてなんとな~く落ち着いてきました。女性二人で切り盛りされていてそのうちのお一人の方が店主、多分オーナーだと思いますが、とても美人(牧瀬理穂似)でしたよ!「ブログに掲載するため写真を写していいですか?」と言えば、快く了解していただきました。

オーナーさんありがとうございます。それとちょっと酔って意味不明なことを言いましてスイマセンでしたm(__)m080718_213301

お~と、これを忘れてはいけません!お酒の前に、突き出しの他に食前茶っていうのでしょうかウコン茶がサービスされます。酔い覚ましと健康を考えての心温まるサービスですね。

080718_214801

   

宛は豪快に刺身盛り合わせ!こちらが、なっなんと800円なんです。新鮮なはまち、たい、貝柱などが日本酒とマッチ!美味しかったですね。酔っても味は分かるもんですな~。

080718_220001  こちらはビューティーバーさんの

 ぽすとカードです。お洒落ですね    

080718_215001 またまた茄子の漬物です。お味噌か醤油に漬けて食べます。無添加物の料理がこちらのお店の基本となるとのことです。

    

080718_220901 箸おきもハート型、とてもかわいいと思いませんか?全体が渋めの居酒屋チックじゃ日本酒はだめだという時代は過ぎ去りました。ビューティーバーさんの様に各人が落ち着ける場所での飲み方がこれからの日本酒の飲み方になるのではないかと思いますね。

080718_223201 石川は吉田酒造店さんの手取川(てどりがわ)純米。二杯頼むよりも二合の方がお得です。すいすい飲める癖の無いお酒。夏は冷酒がいいですね。

結構酔ってきましたが........。結局、閉店ぎりぎりまでお店にいました。

080718_224401  締めも食べるんです。(まだ食べるんかいな~!)締めはナシゴレン風の焼き飯だったような~?しかし美味しかったです。ボリュームもあり残してしまいました。

ビュ-ティー店主さん今日は色々とお手数かけてスイマセン。お店の由来は外見がビューティーなのではなく店主さんスタッフさんのおもてなし、心がビューティーということなんですね。次回はもっとゆっくりと落ち着いてきたいものです。天五中崎商店街にてまた新たなお店を見つけました。僕もたにしさんもフラフラです。この後、次の日も飲みに出かけるので、ただ何するわけでもなく、飲みに出かけてるだけなんですが、よく考えたら大阪の良さってこうして気軽に飲めるとこかもしれませんね!

なにしろ東京は広くほとんどの方が通勤時間が長く、チョイ飲みスラも大変だそうです。たにしさんも今回は、お疲れ様でした~。今度は僕が東京へお伺いしたいですね。(行けたら?)

    「ビューティーバー」

   ☆平日、土日のお昼、イベントスペースとしてお使えいただけます。詳しくは店頭にて。

                      

2008年7月21日 (月)

たにしさんが大阪へ①ーホッピー飲んでハッピー編 江戸幸さんにて

今日は先輩ブロガーでもある、東京在住のたにしさんが大阪へ遊びにこられました。(続たにしのごはんごはん)ついこの四ヶ月程前は大阪へ単身赴任されていて、二人して大阪のお酒界を盛り上げていったものだと自負しております。

(そのときの様子はコチラ⇒たにしのごはん観察日記

一緒に飲みに行ったというか、僕が色々とお世話になった大先輩なのです。最近はあちらでホッピーを飲んでおられてる様ですね。ブログでも生ホッピーを飲まれたとの記事がありました。ので、本日は大阪でホッピーで有名な「江戸幸」さんへとご案内して行くことにしました。

080718_191101_5

江戸幸さんは御堂筋と堺筋の間、湯木美術館の近くにお店があります。お店されてから20年以上の老舗です。

080718_191201_5 こちらのお店、何故大阪なのに江戸幸かというと、店主である山口マスターのご実家が江戸堀でお食事処 江戸幸をされていて、コチラの居酒屋 江戸幸は支店だそうです。(多分、その様に大阪下町居酒屋列伝に書いてあった様な気がします.....。間違えてたらスイマセンm(__)mこの本人に貸したまま帰ってきてないので確認しようが無いのですcoldsweats01)

山口マスターは落語好きな、面白い方で口癖は「ホッピー飲んで、はっぴーsign01、はっぴーsign03

080718_191202_4 何故、こちらのホッピーが有名かと言いますと山口マスターがホッピーを大阪でいち早く広められたことの他に、三冷主義をあみ出した他、ホッピーに合うキンノミヤ焼酎を見つけられた方だからです。

080718_191203_4 中には7時過ぎだというのに賑やかな声が.......。

凄く人気なお店なんです。予約しておいて良かったですね。

080718_191301_3 やはり中にはお客さんが一杯、一杯!お世辞にも広いお店とはいえませんがそれでも既に20人以上はいます。マスター、ママさんもてんてこ舞い!それでもお客さんに対する心遣いがいいのがこのお店の特徴です。開業当時からずっと浮気せず来られているお客さんも多いそうです。

080718_191302_3

カウンターは既にお客さんで一杯です。僕達はテーブルにすわらせてもらいました。

080718_191701_2 一杯目はやはりホッピーです。ホッピーはホッピー・ビバレッジが造ったノンアルコールビールになります。戦後、ビールが高かった頃の代用品というイメージが強い方もいらっしゃるかと思いますが昭和50年代に改良されて美味しくなったそうです。今ではビールと違いプリン体ゼロの低カロリー飲料として人気沸騰中です。この様にジョッキにあらかじめ焼酎を入れておきます。三冷にすると美味しいのです。三冷とは、ホッピー、ジョッキ、焼酎全部をキンキンに冷やしておくことです。あと焼酎はキンミヤ(亀甲宮=きっこうみや)を使用で焼酎の量は左記の黄金比率といわれる分量で飲めばたーいへん美味しくなるのです。

ホッピーの飲み方はコチラ⇒ホッピー飲み方講座

080718_191702 黄金比率で入れるとあーら不思議!こぼれません。マスター直伝のトルネード入れも見せていただきました。忙しいにも関わらず親切にかつ面白く接客されます。惜しむらくは、忙しすぎてホッピー及びジョッキがあまり冷えてませんでした。マスターもすまなさそうにしていましたが、マスター!その気持だけで充分ですよ。多少冷えて無くてもホッピーの美味しさは変わりません。程よい麦芽が喉の通っていくらでも飲めそうです。

080718_191901 関西ホッピー界どころか、日本のホッピー居酒屋の代表格であるマスターはホッピー・ビバレッジさんの看板娘ホッピーミーナちゃんとも知り合いというか、仲が良いそうです。またあとで紹介する居酒屋雑誌「古典酒場」でも対談の記事が出ています。

080718_192101 落着いたところで料理を注文しましょうね!

というか8時すぎともなるとお客さんが減っていきます。そうですこちらのお店は閉店が10時頃と早いのです。多分土地柄サラリーマンが多いので無理をせず早く帰ってまた次の日も来て頂くようにということなのかも知れません。まあ、さっと飲むのが一番いいですしね。

席も開きましたのでカウンターへ移りましょうか。

080718_193201_3 

こちらが江戸幸さん名物のはいから焼きです。ちょっと変わった串焼でベーコン、穴子、貝柱、チョリソなどもあります。これがホッピーと合うんだな。思わず黒ホッピーも頼みました。

080718_194101_3

ハイカラ焼き一人前にはえびパン(えびクリームを乗せて揚げたパン)やソーセージベーコン巻きも付きます。少し時間がかかるので後で出てました。う~ん、美味い、美味い。

080718_193301

ご主人の山口マスターです。僕達のブログの足しになるよう四日市の宮崎本店さんの亀甲宮(きっこうのみや)通称キンミヤ焼酎の瓶一式を置いていただきました。もともと日本酒の酒が作っているだけあってさわやかで癖の無い焼酎です。これで造るホッピー、チューハイは最高ですよ。今ではホッピーにはキンミヤといわれるくらい有名で、その先駆者がマスターですが、もともとは東京の北千住のお店でホッピーとこの焼酎を合わせるお店でマスターが飲まれたのがキンミヤとの初めての出会いでしたと話していただきました。

080718_192201他に秋刀魚の笹干しなど頼みましたが、やはり大阪は泉州、水茄子ですな。たにしさんも水茄子を頼んでおられます。

080718_193202 そのままの水茄子です。これが手で裂いてるから薄ーい塩味と相まってそのままでも美味しいですね。これを食べると大阪で住んでて良かったと思います。

080718_192901_2 

  こちらがママさんです。非常に綺麗で明るい方です。夫婦二人で切り盛りされていて大変だと思いますが、この元気さは清々しいですね。

080718_204201

料理の締めは鯨ベーコンです。実はこの店は、古典落語の名手である噺家さんの笑福亭松喬師匠もひいきにされており、昔朝日新聞夕刊でこちらの鯨ベーコンについての記事を読んだことがありました。それで興味を持った僕もいつも食べていますが油々している中にも旨みがあり、和からしを付けますので癖もあまり感じません。こりこりして、面白い一品です。

080718_202701_2

飲み物の締めの方はトマトリキュールとホッピーを混ぜたトマピーです。レッドアイみたいですが、アルコールがトマトリキュールだけなので軽くて飲みやすいです。女性受けしますよ!

色々、定番だけでなく飲み物や食べものも色々研究されています。

080718_203801_2

山口マスターはまだ若い頃、落語で素人名人会に出られたほどの落語好きです今でも年三回ほど江戸堀 トラジャル寄席を主催されています。時々、僕も前回は春にお伺いさせていただきました。コチラはご親戚の割烹の江戸堀 やまぐちさんが主催されている寄席です。東西の噺家さんがコラボレートする落語界です。そういえば今日の僕とたにしさんも東西お酒好き、落語好きブロガーのコラボレートですね。(なんのこっちゃsmile

こうして江戸幸さん訪問は終わりました。山口マスター、ママありがとうございます。次も美味しいホッピー飲みに行きますね。それと落語会も行きますので宜しくお願いします。

たにしさんせっかく大阪来たのだから、二件目行きましょうね~!ではLet's Go!

Ts380034_4   

最後にこちらが江戸幸さんがでています㈱三栄書房の「古典酒場」平成19年9月8日発行分です。

Ts380035

興味がありましたらコチラでバックナンバーも購入できるかと思いますのでご覧下さい。ホッピーミーナちゃんとの対談も出ていますよ!

江戸幸
大阪府大阪市中央区平野町3-1 大阪屋セントラルビルの1階・通路を入った奥
17時半頃から22時まで
土日祝定休 
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/edokou/index.htm
(店の公式サイト)

大阪市営地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 から徒歩5分ほど
駅の11番出口を出て御堂筋を南下(出口出て大通りに向かって左へ)。信号のある最初の交差点に来たら左折。道の左側を直進し「大阪屋セントラルビル」の看板を探す。

2008年7月20日 (日)

eoネットに移行しました~。

 関西ドットコムさん終了にともないeoネットさんへ移行しました。こちらの記事を掲載する前に関西ドットコムさんの方の終了通知を出してしまい、ご迷惑をおかけしました。

 まだまだ使い方が分からないのでしばらくは苦労するだろうな~。機械音痴で今はブログらしいものになってないかも知れませんが徐々に改良を加えていきますので、今後とも「男の美酒学」の成長を暖かく見守ってやってください。URLも少し替わりましたのでお手数ではございますがPC等に登録されている方は変更をして下さい。http://takapnobichan.blog.eonet.jp/bisyugaku  今までのURLはhttp://blog.kansai.com/takaPnobichan 今後とも宜しくお願いします。